「あくあぴあ芥川」改め「高槻市立自然博物館」はみんなが楽しめる地元密着の憩いの場。

昔から高槻で親しまれてきた

「あくあぴあ芥川」

akuapiaakutagawa (32)

 

いちおう正式名称は「高槻市立自然博物館」

 

H27年に変わったそうですが昔からの名前

「あくあぴあ芥川」も残すそうです。

 

それにしても侮っていました。

 

「あくあぴあ芥川」はメッチャすばらしい

憩いの場でした。

 

施設の写真は下から見上げた形に

なったのですが入場したのは上から。

 

駐車場の入り口横からでした。

 

4階の屋上?から

攻めることになりました。(笑)

 

一応4階で「展望スペース」になってます。

 

コインロッカーや自動販売機があり

飲み物には不自由しません。

 

大きな木のテーブルがあり、そこで昼食。

CHOU-CHOU-DU-PAIN (3)

 

昼食のパンを買った所

「シュシュデュパン」は高槻で人気抜群のお客さんが途切れない100円パン

 

天気が良く見晴らしもい良いしサイコー!

最高すぎて写真を撮るのを忘れた。(泣)

 

さて、腹ごしらえをした後に下の階へ。

 

3Fの「多目的ホール」。

akuapiaakutagawa (5)

 

「図書」「キッズコーナー」もあります。

akuapiaakutagawa (6)

編んだ魚が空を泳いでいます。

 

写真のテーブルで昼寝をしてしまうくらい

快適な空間。(汗)

 

そんな快適な空間に地元の小学校

「南平台小学校」があります。

 

その子どもたちのオススメが書かれている

ファイル状の本があります。

akuapiaakutagawa (8)

 

おすすめしているのは「カワムツ」

オススメしたいと思った理由。

 

なんとなく・・・

akuapiaakutagawa (7)

 

子どもたちのとてつもないやる気を

感じさせてくれます!(笑)

 

さて休んでから2Fへ階段を降りてすぐ

「魚類担当者の標本作成室」

akuapiaakutagawa (9)

 

その向かいには、大小たくさんの水槽が。

akuapiaakutagawa (10)

 

なかなか大きな水槽

akuapiaakutagawa (11)

 

力強く泳いでるさかなたち。

akuapiaakutagawa (12)

 

「里山コーナー」では本物の蛇が。

akuapiaakutagawa (13)

 

動物園や水族館などで頑丈そうな

ケースに入れられているのは時々見ます。

 

しかし、このように何てことのない

ケースに入れられていると身近に感じます。

 

すっぽん

akuapiaakutagawa (14)

かと思ったら「スポンモドキ」(笑)

「すっぽん」ではありませんでした。

akuapiaakutagawa (16)

豚鼻が特徴です。

 

「カワヨシノボリ」

akuapiaakutagawa (17)

akuapiaakutagawa (19)

 

「カワムツ」

akuapiaakutagawa (21)

 

「芥川緑地」で採れるそうです。

akuapiaakutagawa (20)

 

最期に1F

いきなりイノシシ達のお出迎え。

akuapiaakutagawa (22)

 

1Fは「企画展示スペース」です。

動物が今にも動き出しそうです。

akuapiaakutagawa (24)

akuapiaakutagawa (25)

 

「夜行性の鳥」

akuapiaakutagawa (26)

 

「ふくろうカフェ」を思い出します。

「ふくろうの店 大阪店」でフクロウに魂を抜かれてきました。

 

「草原の鳥」

akuapiaakutagawa (27)

 

「水辺の鳥」

akuapiaakutagawa (28)

 

他にも「虫」をはじめ色々とあります。

 

ほうほう、すっぽんの首の骨格は

こんなふうに複雑になっているのか?

akuapiaakutagawa (31)

akuapiaakutagawa (30)

勉強になります。

 

外に出て「あくあぴあ芥川」全体の写真。

akuapiaakutagawa (33)

右側に利用者も写っています。

 

一番上の「展望スペース」も見えます。

 

すぐ近くに流れる「芥川」

akuapiaakutagawa (34)

キレイな風景ですね。

 

とにかく中身の詰まった博物館の

「あくあぴあ芥川」

 

これだけの施設にもかかわらず入場料は

「無料」なんと「タダ」です。

 

駐車場もあり1時間100円と安い!

さらに1日400円と安心。

 

「あくあぴあ芥川」の近くで敷物をしいて

ランチを食べているグループや家族。

 

すぐ近くのテニスコートで運動している人

いろんな楽しみ方があり活気があります。

 

ぜひ憩いの場所として利用してみては。

 

「あくあぴあ芥川」

正式名称「高槻市立自然博物館」

住所

大阪府高槻市南平台5丁目59ー1

電話番号:072-692-5041

開館時間 午前10時~午後5時

休館日 月曜日(祝休日のときは翌平日)

年末年始(12/28~1/4)

入場料 無料

 

芥川緑地駐車場 利用料金

  • 普通自動車 1時間ごとに100円(一日最大400円)
  • 利用時間 8:00~18:30(6月~9月は19:30まで)
スポンサードリンク

「あくあぴあ芥川」改め「高槻市立自然博物館」はみんなが楽しめる地元密着の憩いの場。」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 摂津峡公園抜きですが「高槻散策シリーズ摂津峡編」。(笑) | 人生一度!腰椎破裂骨折にも負けない!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください