作成者別アーカイブ: admin

時間に追われない39歳からの仕事術で自分の仕事を振り返ってみる。さらに先を見据えて行動できるように能力と実力を身に着けよう!

新人の2、3年でなければ、いつまでも

バタバタ仕事をしてはいけないと思う。

 

もちろん業種にもよりますが、それでも

重要な仕事を見極めて行動しないと。

 

分かっちゃいるけどなかなか難しい。

 

しかし、難しいとはいえ39歳まで仕事を

してきたのなら、重要なモノは大体わかる

・・・はず。

 

それでも分からない人や確認したい人には

参考になる本。

 

時間に追われない39歳からの仕事術 (PHP文庫)

jikanniowarenai39saikaranosigotojyutu

 

時間に追われない39歳からの仕事術

時間に追われないためには、仕事の内容は

ちゃんと把握しておく事が前提。

 

その上で優先順位を決めておいて行動。

 

さらに仕組みなどを作り出したりと

ベテランや管理職対照の本。

 

目次

  1. 優先順位を見極める(意志決定術)
  2. 仕事が回る仕組みを作る(時間管理術)
  3. チャンスを効率的に生み出す(習慣化術)
  4. 部下の力を引き出す(リーダーシップ術)
  5. 上司を味方につける(ボス・マネジメント術)
  6. ムダなく成果を出す(会議術)
  7. 50代に向けて人生を再構築する(挑戦術)

 

優先順位を見極める(意志決定術)

「切り分け法」で見極める。

 

例えば

  • 時間をかけずに(orかけて)やる仕事?
  • 今(or後で)やる仕事?
  • 考える(or考えない)仕事?
  • 未来を創る(or現在に対処する)仕事?
  • 自分でやる(or部下に任せられる)仕事?
  • 一人(or複数)でやる仕事?

それぞれ反対語と対比して考える。

 

仕事が回る仕組みを作る(時間管理術)

時間の「量」ではなく「質」で考える。

 

PDCAサイクルをを繰り返し継続し

最大の成果を上げ続けること。

 

PDCAサイクルとは

計画→実行→評価→改善

 

チャンスを効率的に生み出す(習慣化術)

「すぐやる」を習慣化して

判断力と決断力を磨く。

 

部下の力を引き出す(リーダーシップ術)

納期を守るために部下に対して

「着手する日」を意識させる。

 

上司を味方につける(ボス・マネジメント術)

上司の行動に対して先まわりして行動。

 

「エレベータートーク」で上司の心を

動かす事ができるコミュニケーションの

能力を付けておく。

 

ムダなく成果を出す(会議術)

会議の目的によって会議の進め方を変え

会議の種類によって対応を変える。

 

必ず「責任者」を決めゴールを意識させ

進行を任せる。

 

50代に向けて人生を再構築する(挑戦術)

人生の優先順位を決める。

自分の一番重要なやりたい事をする。

 

「1日15分」を続けて50歳までに

人生を変えていく。

 

50歳を目前にしている自分には

最後の章が一番当てはまります。

 

だらだら時間つぶし的な仕事をしても

人生が楽しくありませんからね。

 

かといって、20代の若い人が本書を

読むのはいけない事ではない。

 

本書を読んで先を見据えて考え行動すれば

必ずや自分の能力や実力が身に着きます。

スポンサードリンク