大きくきれいな「イチゴの実」のために「摘果」をやってみました。

自分の中では例年になく豊作のいちご。

ibitunaitigo (5)

 

以前は大きめの植木鉢で一株づつ

育てていました。

 

それでも病気になったりイチゴの実が

少なかったりしてイマイチ。

 

数年前に大きなプランターでトライした

時は、まあまあ上手く行きました。

 

やはり土の量は大事なようです。

それと根がはるための生育スペース。

 

それを満たした今年のイチゴは豊作ですが

たくさん苺の実がなってくると、今度は

いちごの実の「質」に目が行きます。

 

キレイな実の「形」や「大きさ」

ibitunaitigo (4)

 

そこに目を向けるとイビツな形の

イチゴの実に目が行きます。

 

以下、いびつな実の数々。

ibitunaitigo (1)

 

違う角度で

ibitunaitigo (2)

 

違うイチゴの実で

ibitunaitigo (3)

 

まずいちごの実の「形」

 

調べてみるとどうやら「受粉の仕方」

問題があるようです。

 

これは今更どうしようもありません。

 

花が咲いたら綿棒などで「人工受粉」

させてみようと思います。

 

そして「イビツな形」のままでも別に

良いのですがなんとかしたいものです。

 

他にキレイな実が成っているので

ここは思い切って採ってしまいます。

 

「果実」を間引いたりする事を

「摘果」というそうです。

 

「摘果」をすると他の実に栄養が行き渡り

やすくなりキレイな実が成りそう。

 

さっそく実行してみました。

先ほどのいびつな形のイチゴの実の写真は

「摘果」後の写真です。

 

こんなイビツなイチゴの実でも

ハサミを入れる時にはちょっとやるせない

気持ちになってしまいました。

 

せっかく育ったんですからね。

 

しかし、「摘果」によってキレイで甘い

イチゴの実ができる事を祈って実行。

 

もう少しなれていたら、うまく「受粉」

できなかった花を間引きしてみます。

 

「摘花」というそうです。

 

だんだん自分なりにイチゴの家庭菜園での

レベルが上がってきた感じがうれしい。

 

大きくてキレイな実の大量収穫が目標。

プランターが3つしかありませんが。(笑)

スポンサードリンク

大きくきれいな「イチゴの実」のために「摘果」をやってみました。」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: わが子同然の赤く実ったイチゴに何やら怪しげな物体が付いています。 | 人生一度!腰椎破裂骨折にも負けない!

コメントを残す