『笑’sコンパクト焚き火グリル「B-6君」』を綺麗にするためには「焼いてしまう」のが一番良い!

昨日「バーベキュー」に行ってきました。

「B-6君」を持って仕事帰りに高槻にある「淀川河川公園」の「大塚地区」で「バーベキュー」を堪能しました。

 

「バーベキュー」をした後の道具

笑’sコンパクト焚き火グリル「B-6君」

をあまり擦らずにキレイにしたい!

 

以前に「ハイター」に漬けて擦らずに

「キレイ」にする事を目指しました。

焦げ付いた「バーベキュー用の網」が「キッチンハイター」に漬けておくだけで綺麗になるかどうか実験。

 

実は今回もダメもとで「ハイター」

漬けこんでみましたがヤッパリ駄目。

 

仕方なく洗剤で洗ってみました。

 

しかし、「炭」が付いていると洗浄用の

スポンジが汚れてしまう。

 

油汚れも結構落ちにくいし。

そう思って横を見ると「ガスレンジ」

 

そういえば「油で汚れた網」は焼くと

「炭」になって取れやすいと聞きました。

 

なのでガスレンジを使って「B-6君」

キレイにしたいと思います。

 

まずは「網」から。

 

高熱になって「網」「焼」が入ります。

b-6-yaki (1)

 

熱のせいでかなり「網」自体が曲がって

歪んでしまいました。

 

しかし、この「網」は柔らかいので後で

「手」で歪みを直せるのでOK。

 

他の部品も油が取り切れていないので

火で炙ります。

 

底の部分

b-6-yaki (2)

 

本体部分

b-6-yaki (4)

 

「網」と違ってピカピカだった本体の色が

焼の入った色に変化しました。

 

火で炙った後の「B-6君」のパーツ。

「網」はかなり変形しちゃいました。

b-6-yaki (5)

 

しかし、「網」自体はかなりキレイに

変化しました。

 

底の部分も若干変形したもののキレイ。

b-6-yaki (6)

 

本体部分はあまり変形が見られません。

b-6-yaki (7)

 

変形した「網」を手で直すといつもの

「コンパクト」な「B-6君」にチェンジ。

b-6-yaki (8)

 

バーベキューの現場で熱した炭を利用して

「網」をキレイにできるかもしれません。

 

しかし、炭の量が増えると荷物が増える。

 

気軽に「バーベキュー」を楽しむには

荷物が増えるのは避けたいですね。

 

持って帰ってガスレンジのほうが

火遊びができて二度おいしい。(笑)

 

手洗いよりはラクな方法を見つけたので

この手法をこれから使っていきます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【 笑’s 】コンパクト焚き火グリル『 B-6君 』
価格:5076円(税込、送料別) (2016/8/17時点)

スポンサードリンク

コメントを残す