「がん」になった時、会社を首になっても収入を気にしなくて済む事を考える。

がん離職「3割」の衝撃――患者が仕事を続けるために必要なこと

http://news.yahoo.co.jp/feature/139

face-984031_1280

ものすごく興味のある記事です。

 

上記の記事で書いていますが「がん」

なって一番の心配はやはり「お金」

 

サラリーマンである以上は、会社の都合で

自分が働けなくなったら終わり。

 

例え事故でも病気でも。

 

ましてや「がん」なら心身ともに

「絶望」の二文字が頭をよぎります。

 

治療や入院期間が長引いて出勤できない。

短い時間なら別ですが長期だと絶望。

 

出勤しないで働ける仕事を考えてみると

少なくともクリエイティブな仕事。

 

会社に出勤しなくても自宅でできる仕事。

 

さらに期限のない仕事でないといけない。

自分の体調に左右されるから。

 

そう考えると自営業の方が自分の都合で

働けそうだがこれは身勝手な妄想。

 

自分が動かないと「収入がないかも?」

なんて半端ないプレッシャーとの戦いに

なるかもです。

 

日銭を稼がないで収入を得る仕事

そんな仕事といえば執筆業でしょうか?

 

ブログのその1つになりますね。

 

自分でお店を持って上手く行っていれば

バイトを雇ってできるかもしれません。

 

もともとお金があれば不動産を買って

家賃収入で生きていくのもありです。

 

今の自分にできる収入を得る手段。

 

少なくとも会社員をしながら今すぐ手軽に

できるのはブログを書くことです。

 

しかし、ケガはともかく重い病気になって

働く気力が湧いてくるか?です。

 

それでも自分で稼ぐ手段を持っている

というのは、すがる物があって生きられる。

 

少なくともお金ですぐに絶望することは

なくなると思います。

 

もちろんそうできるように頑張っています。

 

入院しても体が動けば記事を書けるし

遠い病院に行かないと行けなくても

行く途中やいろんな場所で記事が書ける。

 

これって何気にすごいですよね!

 

わがままな生き方かもしれませんが

とても憧れる生き方です。

 

その実現のために、ちょっとずつですが

前に進んでいるつもりです。

スポンサードリンク

コメントを残す