男はお金が9割。見もフタもない言葉だが、男の真実を表しているかもしれない。

男はお金が9割

身も蓋もないお言葉。

otokohaokanega9wari

 

そんな言葉は間違っている・・・かな?

お金のない40代はそう言いたい。(汗)

 

けど、たぶん、真実の一つ。

お金がないよりあった方がよい。

 

お金で品物が買えるのだから真実。

お金が無いとほとんどの事ができない。

 

自給自足で食べ物が作れるとしても。

自給自足だけでは人生楽しくない。

 

自分自身が食べられれば良いのなら

それで良いかもしれないが。

 

よほど大量に作って販売しないと

多額のお金を手に入れる事はできない。

 

お金が無いと、助けたくても助ける事が

できなかったりする。

 

気がつけば里中さんの本は3冊目。

  1. できる男は「この言い訳」をしない。言い訳だらけで今の自分がダメだと思う男性は本書を読んで自分を好きな人間になろう。
  2. 「一流の男、二流の男」必ず頭角を現す男の条件に見る男の生き方のヒント。

 

これって、ファンと呼ばれるかも。(笑)

 

どんなけ好きやねん!

そう突っ込まれそう。(汗)

 

たぶん「男」という言葉に釣られてる。

 

たぶん、男なら誰でもなりたい男像が

描かれているんじゃないだろうか。

 

序章と1~3章で構成されている。

  • 序章
  • お金を持つと、男は劇的に変わる
  • 年収300万円からお金持ちになる方法
  • 女はこんなお金持ちに近づきたがる

 

本書の内容に書かれているのは

お金と女について。

danjyo

なんと分かりやすい!

 

それに付随して、金持ちと貧乏人の違い。

みんな、金持ちをめざせよ!って論調。

 

暴言的に、貧乏人について書いている。

 

こんな貧乏人になってはいけない

なんて書かれている。

  • 貧乏人になるな!
  • 貧乏人を相手にするな!

 

お金のない人に対してと言うより

貧乏人の思考が良くないとの論調。

 

良くない貧乏人の思考部分は

納得する部分は数多くある。

 

本書でお金や女、お金の使い方、稼ぎ方等

自分が感じた部分を幾つか抜粋してみる。

 

序章

お金を持つと、男は劇的に変わる

 

あなたの欲望と夢に必要なお金は年収に

するといくらか?

 

これは、自分自身を見直すのに良い質問。

常に、自分に自問自答すると良いかも。

 

第1章

年収300万円からお金持ちになる方法

 

真実を見極める力を付けるためには

本を読まないといけない。

 

理由は、人生を変えてしまう

ヒントが書かれているから。

 

お金儲けは毎日やらないといけない。

低賃金の仕事以外毎日。

 

お金持ちで株を保有していない人など

いない。

 

配当が入ってきますからね。

 

勉強して株を買い株主になって

優待を狙うのもあり。

 

第2章

女はこんなお金持ちに近づきたがる

 

お金になる女

  • 男の物欲や性欲を後押ししてくれる女
  • 元気がなくなる傾向が強い男の尻をたたく女。

 

ほか、結構気付かされる事が多い。

 

里中さん自身は叩かれる事が多いようだが

書いている本は個人的には結構好きな

内容だったりする。

 

ここに書かれている事を目指してみるのも

「男」としてありだと思う。

 

そして、今さらながら自分も

「男」を目指そうと思う。

スポンサードリンク

コメントを残す