「読む筋トレ」を読んでると「筋トレ」しておかないと人生損している事を実感します。

「読む筋トレ」

yomukintore

 

筋肉を付けるというよりは、鈍った筋肉に

ちょいと刺激を与えている感じの日々。

 

そんな中で目にした本

「読む筋トレ」というのは面白い。

 

直ぐに手に取って読んでみる。

 

だいたい「筋トレ本」というのは

「筋トレの仕方」が書いている本が

ほとんどだと思います。

 

あとは「ダイエット」するのに「筋トレ」

をお勧めしている本とか。

 

それに対して「読む筋トレ」の中身は

まずは「筋トレの続けかた」「考え方」

について記述されています。

 

そんな項目が延々と本書の後半まで

書かれています。

 

まずは「ボディメイク」が基本。

 

その過程で副産物的に「ダイエット」にも

なるという主張。

 

ちなみに本書では「ダイエット本」では

ないのであまり書かれていません。

 

あくまで「筋トレ本」。

 

そして以下に書かれている事を少し

ピックアップしてみました。

  • ジムはなぜ続かないか
  • 仕組みが出来ればぐうたらでもできる
  • スキマ時間から始めよう

 

どこか「ビジネス書」で書いてあるような

事がらが並んでいます。(笑)

 

まるで「ブログ」を書くための

「秘訣書」みたいです。(笑)

 

「ジムはなぜ続かないか」「ジム」

「ブログ」に置き換えたらまんまそのまま

ブログを書くために必要な項目です。(笑)

 

上記にあげた3項目について書くと

 

「ジムはなぜ続かないか」

  1. 目標が明確でない。
  2. 無茶な目標を掲げない。
  3. 今の自分と向き合う。

「なりたい自分」より「なれる自分」

無理をせずコツコツする事を説いてます。

 

「仕組みが出来ればぐうたらでもできる」

  1. 「仕組化」すると「努力」しなくて済む。
  2. 「没頭」できるようにする。
  3. 「没頭するための条件」
  • その行為自体が。気持ち良い気分にさせてくれること(ドキドキワクワク感など含む)
  • やればやるほど効果や完成度が高まることが保証されているもの
  • 大きな見返りが期待できること(モノやお金、名声、地位、権力など)
  • 自分らしさを活かせるもの(自己実現や自己表現)

 

「スキマ時間から始めよう」

  • 何より大切なのは「継続」。
  • 一日5分でも良い。
  • まずは一日30秒から始めよう。

 

ここまで述べてからやっと

「筋トレの具体的な方法」です。

 

「筋トレ」のやり方が分からない人

肘を床につけて同じ姿勢をキープ。

hijitatefuse

本書より

 

肘を床につけて「肘立伏せ」みたいな

体勢になります。

 

実際には「肘立伏せ」という言葉は

ありませんが。

 

そこから先の「筋トレの仕方」は本書を

読んでもらうとします。

 

「筋トレ」ってどんな方法でも良いと

個人的には思います。

 

それを継続する事が難しいだけで。

 

継続さえできれば「筋トレの技術」

上がっていくのではないでしょうか?

 

そう考えると本書はかなりの良書では

無いかと思います。

 

スポンサードリンク

コメントを残す