「僕らが毎日やっている最強の読み方」には 情報化社会を勝ち抜くための本の読み方が書いてあります。これでさらに自分をバージョンアップさせていきます。

最近積極的に自分のバージョンアップを

はかっています。

 

実際にしている行動は読書。

もちろんただ本を読んでいる訳では無い。

 

そんな事は「人生一度ブログ」を読んで

くれている人は分かっていると思います。

 

自分の血となり肉とするには

「本の読み方」から勉強しないと。

 

そんな時に情報を吸収する二大巨頭

「佐藤優」「池上彰」の二人が出す本。

saikyounoyomikata

 

これはもう購入して二人のノウハウを

ぜひとも吸収したい。

 

以下に本書を参考にした内容。

 

時間を有効に使って新聞を読むために

ストップウォッチを利用。

100yen-kinitu (9)

 

以前の記事でも取り上げてました。

もう100均がなければ生きていけないほどお世話になっています。改めてどれくらいお世話になっているか振り返ってみた

 

dマガジンを利用する。

 

これに関しては以前登録するために

ドコモショップに行ってのですが

お店内で繋がらないというアクシデント。

 

多分登録者数が多くてサーバーが

処理し切れてなかったんでしょう。

 

そんな感じだったので登録せずでした。

 

「信頼できる書き手の記事」を中心に読む

のが基本。

 

玉石混淆のネット情報から「玉」だけ選び

出すのは難しい。

 

最近のグーグルは使い勝手が良くない。

・・・確かに。

 

歩きスマホをしないのは、時間の使い方に

メリハリがついていることの表れ。

 

有意義な海外メディアの情報が載ってる。

 

世の中を「理解する」には

書籍が基本ツール

 

本の選び方

  • リアル書店に行って、知りたいジャンルの棚を見る。
  • 「タネ本」(基本書)をしっかり読む。
  • 本は迷ったら買う。

手持ちのお金が厳しいので、この言葉は

今の自分にとって厳しい。(汗)

 

しかし、この言葉には従って行くつもり。

 

古典を読んで基礎知識を付ける。

 

本の読み方

「はじめに」「おわりに」は目を通す。

 

「真ん中」を拾い読みして

本の水準をはかる。

 

本にコピー用紙を挟み込み

何でも書き込んでおく。

 

これは直ぐにでも実践していきます。

池上流の「本の読み方」も実践します。

 

読書時間は「逆算の発想」で捻出する。

「知の型」「思考の型」を身につける。

 

他にも「人から情報を得る7つの極意」
 
など実体験に基づいた極意が書かれて
 
いて読み応えがあります。

 
流石に情報量の多い二人が書いた本

だけの事はあります。

 
たくさん勉強になる事が書いてあって

一度読んだだけでは理解しきれません。

 

参考書籍もたくさん紹介されていて

またまた勉強しないといけないモノが

増えてしまった。(泣)

 

それでも本書
 
「僕らが毎日やっている最強の読み方」

をしっかり読み込むと良いと信じてる。

 

読書の方法や参考書籍の項目など

何度も読んで理解しようと思います。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です