自分の固定概念を壊してくれる人との出会い。僕の石頭を柔らかくしてくれます。

圧倒される二人。

 

「リオデジャネイロ・パラリンピック」

は熱を帯びています。

 

個人的にはそんなに「オリンピック」

興味がある訳ではありません!

 

「パラリンピック」も御多分に漏れず。

 

そんなん見てるくらいなら自分頑張れ!

そんなタイプです。

 

そのせいか、「パラリンピック」など

たまに目にする信じられない光景が

目の前に広がります。

 

「手の不自由な人」が卓球をしていると

聞けば、腕の残っている部分にラケットを

くくりつけて競技を行なってるのかな?

 

たぶん大部分の人がそう思うと思います。

http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/news5plus/1473519401/

Table-Tennis

何故ラケットを口にくわえて競技してる?

 

いや、遊びで一回くらいならできるかも

しれませんが競技するとなると・・・。

https://www.youtube.com/watch?v=GbGvHqiVaak

 

ガッツリ打ち込んでるじゃないですか!

うーむ・・・

 

頭はクラクラしないんですか?

なんで?なんで?

 

なぜ卓球?

 

もっと他に自分に合った競技が

あったのでは?

 

こちらの人はもっと。

http://www.afpbb.com/articles/-/3101199?cx_part=txt_topstory

archery

 

両腕なきアーチェリー選手、目指すは「世界一の射手」

http://www.afpbb.com/articles/-/3101199?cx_part=txt_topstory

 

こんな題名に目が行きました。

 

両腕がないのに「アーチェリー?」

いや、考えられません!

 

いろいろ考えさせられます。

 

どうやって矢を装着するの?

どうやって弓を弾くの?

そこまでしてしたくなる原動力は?

 

どうしてそんなにモチベーションが

上がっていくんですか?

 

インタビュアーとして聞いてみたいです。

 

彼らの生命力にただただ驚くばかりです。

何か負けてられん!

スポンサードリンク

コメントを残す