「血栓・静脈血栓塞栓症」や「エコノミークラス症候群」についての注意点。

仕事がら足がむくむ人を見ることが多い。

doctor-1149149_1280

 

地震で避難している人が亡くなってしまう

原因の一つに「静脈血栓塞栓症」がある。

 

まあざっくり言って「血栓」が体の中に

出来てしまう病気。

 

有名なのは「エコノミークラス症候群」

 

飛行機に長時間乗っているだけで

「静脈血栓塞栓症」を発症してしまいます。

 

なぜ血栓が怖いかと言うと体の中にできた

「血栓」が心臓や脳に行ってしまうから。

  • 「脳」に行ったら「脳梗塞」
  • 「心臓」に行ったら「心筋梗塞」
  • 「肺」に行ったら「肺梗塞」

 

「血栓」が行った先の臓器がダメージを

受けてしまう訳です。

 

そして「血栓」って、むくみやすい「足」

にでき易い。

 

もっと言うと「静脈」にでき易い。

特にひざ裏の静脈。

 

立ち仕事だけでも足がむくんだりするのに。

 

むくんだ人のひざ裏をマッサージすると

痛がることが多いです。

 

むくんで血流が滞っているからでしょう。

 

むくんだ水分を流してやると足が楽になり

さらに細くなります。

 

それなのに狭い車の中で足を曲げて

座って生活をしたりしていればさらに

「血栓」はでき易くなる

 

血流が滞るからですね。

 

それにトイレに行かないように水分などを

控えたりすると血流が滞ってさらに

「血栓」がデキ易くなってしまいます。

 

なので「静脈血栓塞栓症」に有効なのは

「外に出る事」そして「歩くこと」です。

 

歩くと精神的にも落ち着いて一石二鳥。

 

他には「不整脈」を持っている人は

さらに要注意です。

 

特に「心房細動」の持病を持っている方。

 

水分が足りなくなったり、血の流れを良く

する薬が足りなくなったりすると危ない。

 

心臓の中「血栓」ができてしまう可能性

が高くなってしまいます。

 

これも歩くと「第二の心臓」と言われる

「足」が活躍してくれます。

 

なので震災で避難している人だけでなく

「足のむくみ」で悩んでる人も「歩く」

「ストレッチ」が効果的です。

 

少しでいいのでやってみてほしいです。

 

特に熊本県、熊本市などで頑張っている

被災者の皆さん。

 

被災者のみなさんが一日も早く日常生活に

戻れることを祈っています。

 

今の自分に提供できる事はこれぐらい。

スポンサードリンク

コメントを残す