太陽消毒を終えた「培養土」に栄養補給してプランターに戻す。

イチゴの土の再利用を目指して土の消毒

などの作業をしていました。

 

消毒期間としてはそれぞれ

  • (プランター編)では約2週間
  • (ゴミ袋編)でが約1周間

消毒には十分な長さの期間。

 

たっぷりと「太陽の熱」での消毒。

 

水を貯めて消毒していたプランターは

水を抜いてみると写真の状態。

recycling (1)

 

白い砂は軽いためか表面が白く見えます。

 

空気が抜けたためか、だいぶん土の位置が

かなり下がっています。

 

そしてゴミ袋に入れた方の「培養土」

recycling (3)

 

これはプランターに戻すだけですが

その際に「土の栄養」を補充します。

 

「土のリサイク材」280円×3

recycling (2)

 

消毒した土に植物が育つための環境を

整えてくれるそうです。

 

もちろん 「苦土石灰」(くどせっかい)や

「化学肥料」、「赤玉土」、「腐葉土」など

それぞれ混ぜても良いのですが。

 

苦土石灰

 

化成肥料

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

化成肥料8?8?8 20Kg
価格:2354円(税込、送料別) (2016/8/8時点)

 

これだけでも「培養土」の再利用が

できそうです。

「土のリサイク材」と同じ系統ですね。

 

それぞれいろんな物質をまぜるのは

少しハードルが高いように思えます。

 

何年かしてますが

なんせ初心者ですから。(笑)

 

それに広いお庭なら良いのですが我が家は

「プランター」しかありません。

 

こんな手軽な「土のリサイクル用品」

まかなえると思います。

 

水を貯めて消毒したプランターの方には

「土のリサイクル材」をまぜるだけ。

 

土を戻す方のプランターは以前に土を

ふるいに掛けていたので敷石は入ってます。

recycling (4)

 

「消毒した培養土」の袋に「リサイクル

の土」を入れて「ビニール内」で混和

recycling (5)

 

しっかりと土同士を混ぜ込みます。

 

ビニール袋が破れないように注意して

混ぜると混ざりやすいです。

 

以上の手順でそれぞれのプランターに

「培養土」を入れて最期に「猫よけ」

 

「消毒」したての「培養土」は熱い!

 

熱と土自体が落ち着いてから

「苗」を植えていきます。

 

それまでにふかふかな土の上に

「猫」がおしっこをしないようにブロック!

recycling (6)

 

これで「苗」を植えこむための準備OK。

本日は以上です。

スポンサードリンク

太陽消毒を終えた「培養土」に栄養補給してプランターに戻す。」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 培養土の消毒が終わったので、来年に向けてイチゴの苗の植え込みが完了しました。 | 人生一度!腰椎破裂骨折にも負けない!

コメントを残す