培養土の消毒が終わったので、来年に向けてイチゴの苗の植え込みが完了しました。

先日「消毒」を終えた「培養土」

プランターに戻しました。

太陽消毒を終えた「培養土」に栄養補給してプランターに戻す。

 

上記の記事でも書いたようにこの時の

「土の温度は高く」落ち着くのを待ちました。

 

まあ、サラリーマンなもんで日曜しか

ガッツリと「土いじり」が出来ない。

 

そんな理由もあり日曜日。

 

ちょうど台風の影響か涼しかったので

「苗」の植え替えには持ってこい!

 

10個の苗を植え替えました。

ineue (2)

 

現状のプランター。

ineue (1)

猫対策に命かけてる感じです。(笑)

 

プランターの隅っこを掘ってみます。

ineue (3)

 

ちなみにプランターに土を戻してからは

水をかけていません。

 

そのためかサラサラしています。

牛乳パックから取り出した苗。

ineue (4)

 

牛乳パックで苗を作った時期を考えると

約二ヶ月ほど過ぎました。

「イチゴの苗」を作るのに「牛乳パック」なんかちょうどいい感じです。

 

それぐらい過ぎると牛乳パックいっぱいに

根っこが生えてきます。

 

根っこと茎の部分=「クラウン」

土を被せないように注意して「土植え」

 

プランターは全部で4つ。

そのうち2つに3株植えました。

ineue (5)

ineue (8)

3株植えると少し窮屈な感じもしますが

まあ何とかなるでしょう。

 

全部を植えてから水やり。

 

イチゴの苗が土の環境が変わってしまって

ダメージを追わないように注意。

 

水やりも慎重にイチゴと土が馴染むように

丁寧に行いました。

 

水やり後しばらくしてから「イチゴの苗」

を見てみましたが元気そう。

ineue (7)

今から来年の収穫が楽しみです。

 

茶色いプランターはイチゴが収穫出来たら

野菜なども植えてみようと画策中。

 

そんなことを考えると楽しいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す