「上御霊(かみごりょう)神社」で行なわれる「御霊祭」の夜店の風景。

近所にある「上御霊(かみごりょう)神社」

地元民は「ごりょうさん」と呼んでいる。

 

そこで5月18日に「御霊祭」が行われます。

 

その際5月17日の夕方から夜店が開かれ

若い人たちで境内周辺が賑わいます。

 

いつもはひっそりとしている神社ですが

この日ばかりは賑わっています。

 

「上御霊前通」を烏丸通から少し入った

所から「上御霊神社」まで

屋台がたくさんならんでいます。

 

神社入口の風景

goryoumaturi (1)

 

門をくぐると境内の中もところ狭しと

「屋台」がならんでいます。

 

神輿を威勢良く差し上げ「神輿振り」

しているのを見ている風景。

 

「ヨイサ、ヨイサ」の掛け声が力強く

男たちも誇らしげです。

 

肩車をしてもらっている「子供」

しっかりと見入っていました。

goryoumaturi (3)

 

「神輿振り」が終わってほっとする瞬間。

goryoumaturi (4)

 

屋台が多種多様で楽しそう。

「射的」は昔から変わらず人気のお店。

goryoumaturi (5)

 

「金魚すくい」も同様ですね。

goryoumaturi (6)

 

子供たちの楽しそうな笑い声がそこら中

から聞こえてくるとうれしいですね。

 

パソコンやゲームなど家で遊ぶ子供たちが

増えていると言われていますが何の何の。

 

元気いっぱいに祭りの夜を楽しんでいます。

 

神輿の担ぎ手立ちのやり切った感あふれる

背中に哀愁を感じます。

goryoumaturi (7)

祭の関係者様お疲れさまでした。

 

哀愁と言えば「烏丸通」「上御霊前通」

交通を見守ってくれている警備員さんもそう。

goryoumaturi (8)

どうもお疲れ様です。

 

子供の手を取って夜店に来たのが

昨日のようです。

 

今回は友達と行っているので

楽しんでいるのでしょう。

 

親としてはうれしいやらさみしやら。

 

上御霊神社

住所

京都府京都市上京区上御霊前通烏丸東入上御霊竪町495

スポンサードリンク

「上御霊(かみごりょう)神社」で行なわれる「御霊祭」の夜店の風景。」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 上御霊神社をノマドスペースとして見たら案外良さそう。休憩場所が読書スペースになったり勉強机になりそう。 | 人生一度!腰椎破裂骨折にも負けない!

コメントを残す