「適塾」は緒方洪庵が開いた蘭学教室。そんな重要な歴史的価値の高い建物と資料を見ることができます。

「適塾」てご存じですかね?

適塾

適塾(てきじゅく)は、蘭学者・医者として知られる緒方洪庵が江戸時代後期に大坂・船場に開いた蘭学の私塾。正式には適々斎塾(てきてきさいじゅく)という。また、適々塾とも称される。緒方洪庵の号である「適々斎」が名の由来である。幕末から明治維新にかけて活躍した人材を多く輩出し、現在の大阪大学医学部及び慶應義塾大学の源流の1つとされている。

Wikiより

 

この辺りは薬の会社、つまり製薬会社が

多い場所でもあります。

  • 田辺三菱製薬資料館
  • 塩野義製薬本社展示コーナー
  • 和光純薬工業など

 

それはこの適塾の存在、もっといえば

「緒方洪庵」の存在が大きかった。

 

そう思われます。

 

なんせたくさんの優秀な人材を輩出し

あの「福沢諭吉」も門下生になります。

 

そんな適塾を見学してきました。

tekijyuku-ogatakouan (1)

 

史跡といわれ重要文化財のようです。

tekijyuku-ogatakouan (2)

 

立派な建物。

tekijyuku-ogatakouan (3)

 

立派な石碑もあります。

tekijyuku-ogatakouan (15)

 

中に入るとすぐに適塾内の案内図発見。

tekijyuku-ogatakouan (4)

奥行きがあり結構広そう。

京都の建物の構造に似ています。

 

どうやら期間限定で「八重のてがみ」を

展示しているみたい。

tekijyuku-ogatakouan (5)

 

受付に行って撮影のことについて

聞いてみました。

 

受付の人に聞くと建物内の展示物の写真は

撮影禁止とのこと。

 

展示物さえ撮影しなければ建物の写真は

許されるとのこと。

 

展示物は資料や銅像などがいけません。

残念ですが仕方ありません。

 

受付には古くて懐かしい

下駄符だを使った木製のロッカー。

tekijyuku-ogatakouan (6)

 

さわやかな風が吹き抜けていきます。

tekijyuku-ogatakouan (7)

 

畳も歩きやすく居心地がよい。

tekijyuku-ogatakouan (8)

 

そう言えば家の中も畳がほとんど無いので

体に与える畳の効用を実感しつつ見学。

 

参観券

tekijyuku-ogatakouan (9)

 

パンフレット

tekijyuku-ogatakouan (10)

どちらも受付でいただきました。

 

書斎にて

tekijyuku-ogatakouan (11)

住宅住まいだったので火鉢に憧れました。

 

きれいな庭が見られる居間かな?

tekijyuku-ogatakouan (12)

 

2階にも多数の展示物。

刀傷の付いている柱を見る事ができます。

 

2階から見るキレイな庭。

tekijyuku-ogatakouan (13)

 

ビルに囲まれた空間の中に情緒あふれる

建物があるこの落差にしびれます。

tekijyuku-ogatakouan (14)

 

2階から見ると建物の外側も公園が

見えるので帰りに寄ってみました。

 

なんと、建物の横にある公園に

緒方洪庵の銅像がありました。

tekijyuku-ogatakouan (16)

見落とすところでした。

あぶないあぶない。

 

建物内がほとんど撮影禁止だったので

残念でしたが歴史的な価値がある資料を

たくさん見られて勉強になりました。

 

期間限定で「八重のてがみ」を展示して

いたからか、八重さんの資料の方が洪庵

よりも多く感じました。

 

期間が変わってから来るのも良いかも。

 

適塾

住所

大阪府大阪市中央区北浜3丁目3−3番8号

営業時間 10時~16時

定休日 月曜日。祝日の翌日

月曜祝日開館、祝日の翌日休(土日祝開館)、年末年始

料金

  • 一般 260円
  • 学生 140円
スポンサードリンク

コメントを残す