「Analytics」で日々注意する項目をピックアップしてみた。

日々、ブログを頑張っています。

 

そのがんばりのエネルギーの一つが

PV(ページビュー)です。

 

「Analytics」でPV(ページビュー)などの

数値を確認しています。

 

さて嬉しいことに、ここ最近は

他の数字も上がってきています。

 

数字や指標は沢山あるので

普段よく見る数値をピックアップします。

 

  • セッション
  • ユーザー
  • ページビュー数
  • ページ/セッション
  • 平均セッション時間
  • 直帰率
  • 新規セッション率

 

セッション(数)

自分なりに理解すると「のべ人数」。

 

同じ人が何回来ても、そのつどカウント

されていく数字です。

 

ユーザーがブログに来ていただいた

「回数」と置き換えても良いでしょう。

 

1回のセッションが終わるタイミングは

「Analytics」のヘルプによると

  • 時間単位の終了(1 日の終わりなど)
  • 操作が行われない状態で 30 分経過後
  • 午前 0 時

 

読者が興味が持てる記事を書くと

増える数字ではあると思います。

 

ユーザー(数)

これはもう、ブログに来ていただいた

数字で良いと思います。

 

お客さんの数なので気になる数字です。

 

ページビュー数

これは言うまでもありません!

記事を見ていただいたページの数です。

 

いま現在、一番気になる数字です。

ここの数字で一喜一憂しています。

 

自分のブログの目標とする数値であり

現状を把握するための数値でもあります。

 

ページ/セッション

1回来ていただいた閲覧者が、何ページ

読んでいるかわかります。

 

この数字が増えると、読者が何ページ

くらい読んでいるのかの指標になります。

 

気になるページが増やせれば良い訳です。

 

平均セッション時間

これは1記事の内容や文字数が増えれば

滞在時間が長くなる曖昧な数値。

 

あくまで参考値。

 

直帰率

来たページから直接帰ってしまった割合。

 

複数ページ呼んで欲しいのでここの数値は

多少ですが気にしています。

 

新規セッション率

サイト全体のセッションのうちの

新規セッション(新規の訪問数)の割合。

 

ユーザー数が増えずに「新規セッション」

が増えると、リピーターの来ないブログと

判断されてしまいます。

 

まあ、ここも少し気にする程度です。

 

自分的にまとめると

  • セッション
  • ユーザー
  • ページビュー数

 

この3つの数値を上げていきたいです。

スポンサードリンク

コメントを残す