記事を書くのに気が乗らない時の自分なりの対処法。

今日は建国記念日。

国民の休日なので公にのんびり。

 

そんな中でも、記事を書かないと「ダメ」

そう自分に言い聞かせています。

 

決して記事を書くのが苦痛だということは

ありませんがなかなか思うように出来ない。

 

そんな中でどうすれば思うように

記事が書けるようになるか。

 

やる気が出るようにするための

色々な工夫を書いていきます。

 

1、気分転換に走ってみる

鴨川を軽くですが走ってみました。

kamogawa-running (1)

 

天気が良かったし猫もお昼寝中。

kamogawa-running (2)

 

2、お風呂に入る

軽くですが走ったので汗を流して

湯船につかり気分転換。

 

3、買い物

中古の本とチョコレート。

kaimono (2)kaimono (1)

 

中古の本は1冊1冊読むとこれ自体が

「ネタ」になるし、チョコレートで

頭のエネルギー補給になります。

 

将棋の名人たちも、対局中は甘いものを

たくさん補給するのは有名な話。

 

4、車の運転

最後にドライブ。

kurumadeidou

 

これが最終的にうまく行きました。

結果だけ言うと場所を変える。

 

気候さえ良ければ場所を色々と移動して

やってみるのも一つかと。

 

今回は車で移動することでやる気アップ!

 

本日の気候は少々温暖な気候で天気もよく

外に出るには絶好の日和。

 

しかし、自分に課した記事を書く仕事を

しなければいけない。

 

まるで受験勉強みたいです。

 

しなければいけないけど何となく

イマイチやる気が出ない。

 

しかし、学生の時とは違って今は車持ち

なのでその環境を利用しない手はない。

 

そして先日購入した携帯型ディスクが

車での仕事の強力なアイテムとして

大きな活躍をしてくれます。

 

ラップトップサポート製品「BYLLAN」を早く使ってみたくてうずうずします。

ラップトップサポートの「BYLLAN」を車の中で使ってみたら、思った以上に仕事がはかどった。

 

周りにも適度なザワザワ感があって

良い感じに集中できます。

 

車の隣はこんな感じ。

takaragaike

 

しかし、ひとつ難点が見つかりました。

 

エンジンを止めて車で仕事をしているので

足元が寒い!特に太ももあたり。

 

これからはひざ掛けも車に携帯しないと。

 

間違えた。(汗)

これでは寝てしまう。(笑)

 

ひざ掛けはこちらですね。

 

何やかんやと色々やっていたら

現在書いているこの記事も書けました。

 

思考と実践がうまく噛み合った例かな?

案外これが自分の思い描く理想像かも。

 

走りたい時に走って、お風呂にも入り

好きな場所で好きな時に仕事をする。

 

100%この生き方だと少し寂しいかな?

しかし、放浪グセのある僕には良いかも。

 

少なくとも休日はこの生活を実践して

いってみようかな。

 

ネックはガソリン代と嫁さんの目。(笑)

 

稼げるようになったら自分の車(軽キャン)

買って文句を言われないようにしてやる!

 

スポンサードリンク

記事を書くのに気が乗らない時の自分なりの対処法。」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 身近で起こった記録的大雨の残していった物。全国的に災害並みの大雨ですが、京都も少しは被害がありました。 | 人生一度!腰椎破裂骨折にも負けない!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください