高槻のコワーキングスペースはどんなもん?

最近自分が目にした言葉に

「コワーキングスペース」

というモノがあります。

 

コワーキングの「コ」の字は

「一緒に」を表す「CO」

だそうで「小さい」の「こ」でないらしい。

「小さい仕事場」と言う意味の

「コワーキングスペース」と

思っていました。(汗)

 

しかし、どうやら多種多様な人達が

一緒のオープンスペースを共有する

ところというか場所みたいです。

 

自宅に一人で孤独に作業をすると

なかなか作業が進まないことが

多かったりします。(汗)

 

独りだとなんの刺激もなく

ついつい寝てしまいます。(笑)

 

しかし、コワーキングスペースだと

周りの適度な刺激のなかで仕事ができます。

 

スペースだけなら図書館もあったり

するんですが、電源がほとんどありません。

 

静かな中で、入力作業をしたりすると

キーボードを打つ音が耳障りかどうかで

気を使います。

 

お金の安さだけを考えると漫画喫茶も

ありですが、ビジネスワークには

向かない環境です。

 

なんせ目の前に誘惑の漫画が

たくさんありますから。(笑)

 

そんな考えで、コワーキングスペースが

あるところを探してみると

どうやら高槻市にもありました。

 

アイルビー( I’ll be )

http://www.illbe-takatsuki.com/

 

JRの駅からも近く、仕事からの帰り道にも

立ち寄りやすく、仕事の帰りに行ってみました。

I'll be (2)

 

看板の奥には同じ名前の喫茶店があります。

どうやら関連があるようです。

I'll be (3)

 

エレベーターを上がるとすぐ目の前に

下駄箱と扉があります。

 

店内の雰囲気は写真で見るのと

少し感じが違いました。

 

アイルビーのホームページの写真では

「オフィス」って感じはしましたが

実際はもう少しアットホームな感じでした。

 

そこでオーナーの方とお話させてもらいました。

  • 飲食店経営を学ぶためアメリカに行った事。
  • 国会議員の秘書をしていた事。
  • その時に若者の仕事への不安を耳にした事。

 

そんな若者達と働く人との交流場所の

必要性を感じてコワーキングスペースを

たちあげたそうです。

 

自分としても見習う事が多そうです。

 

コワーキングスペース内に

パンフレットがおいてありました。

I'll be (4)

I'll be (1)

 

その中に新聞のコピーが置いてありました。

 

ちょうど一年ほど前に読売新聞に

アイルビー( I’ll be )が取り上げられてたみたいです。

I'll be (5)

 

I’ll beとは「~になっていく」という意味で

将来の何かになっていくという意味で

つけたと思われます。

 

これを書いて思ったのですが

「自分で運営を考えるのもありかな?」

と考えたり

 

他のコワーキングスペースのはしごも

「おもしろいかな?」

と考えたりします。

 

どちらもやってみたいですね。

 

特にコワーキングスペースのはしごは

すぐにでもやってみるつもりです。

 

手術後461日目、破裂骨折後468日目

スポンサードリンク

コメントを残す