阪急高槻市駅構内の「ネスカフェ」の常連になったのでお店と飲み物について書いてみる。

高槻市駅内の「ネスカフェ」ができて

足繁く通っています。

Nescafe-stand-drink

 

初めての利用時。

「ネスカフェ スタンド」がある駅はラッキー!阪急「高槻市駅」を利用している人は、ぜひ利用してほしいオススメスポット。

 

そして「定期券」を購入してからさらに

通う頻度が高くなりました。

高槻市駅内の「ネスカフェ」でとうとう「定期券」を購入してしまった。わずか980円で2ヶ月の間に30杯も飲めます。

 

今ではすっかり常連さん。(笑)

 

ほとんどの種類の飲み物を飲んだので

ちょっと飲み物について書いてみます。

 

ちなみに美味しい飲み物を作ってくれる

ありがたい機械の数々。

Nescafe-stand-drink (4)

 

まずはカフェオレ。

最初に飲んだのが「アイスカフェオレ」

Nescafe-stand-drink (9)

 

自分の中でカフェオレは「甘い物」

決めつけていたのでちょっとビックリ。

 

甘くなく思ったよりスッキリの味わい。

 

しかしもちろん「シロップ投下」

甘くして飲んでいます。

 

ちなみにこちらは「ホットカフェオレ」

Nescafe-stand-drink (1)

急に分量が少なくてちょっとビックリ。

 

抹茶は抹茶らしく苦い。

Nescafe-stand-drink (2)

 

そこにキットカットが付属してくるのは

狙ってるとしか思えない甘さ。

 

もちろん抹茶単品でシロップなどを入れて

甘苦く飲むのもアリです。

 

寒い日には冷えた体が暖まります。

 

エスプレッソ

Nescafe-stand-drink (7)

にがーい!

 

甘党カフェオレ派の自分としては

ナゼにあんな苦くて濃いのが良いのか?

 

不思議でたまりません。

 

不思議なので調べたら別にシロップや

クリームを入れても良いんですね。

 

何かそのままの味を味わないといけないと

勝手に思い込んでいました。(汗)

 

あと眠気は覚めます。

 

電車の中で仕事したかったり本を読んだり

いろいろと作業したい時には持ってこい。

 

そして定番の「アイスコーヒー」

Nescafe-stand-drink (5)

 

一番スタンダードで甘いキットカットとの

スタンダードな組み合わせ。

 

分量もそこそこあって飲み応えあり。

寒ければ「ホット」で暖まります。

 

こんな風に飲み物を味わうための設備で

カウンター下に荷物を掛ける「フック」

 

地味にありがたいです。

 

上を見上げるとプロモーション?テレビ。

Nescafe-stand-drink (6)

 

コンセントもありますがあくまで

「非常用」の位置づけかな?

 

個人的にはやっぱり一周回って

「カフェオレ」かな。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す