「USB広角2LEDライト」が夜のバーベキューで大活躍。肉の焼け具合や食べる場所を明るく照らしてくれます。

前回からの続き

今シーズン初のバーベキューへ行って来ました。高槻から行って淀川周辺で実行するまで。(準備編)

 

買い物を済ませ順調に現場に到着。

 

仕事帰り遅くに行くと駐車場が閉門して

使えないので自転車サイコー!

 

渋滞にも巻き込まれませんし。

体力はちょっちいりますが。(汗)

 

さて、順調に肉を焼く準備が出来ました。

 

あとは炭の火が強くなるのを待つだけ。

kyanpu-2017-takatuki-hirakata-yodogawa (1)

 

着火剤不要で便利・・・なハズですが

火力がいっこうに上がってきません。

kyanpu-2017-takatuki-hirakata-yodogawa (3)

 

一個の炭の半分以上に火が回っているのに

手をかざしても熱くない。

 

以前使用していた炭は直ぐに全体に火が

回って一個でも十分焼肉が出来たのに!

 

焦って残りの炭にも火を付けるも・・・。

やっぱりイマイチ火力が上がりません。

 

諦めて別の炭を買いに行ってもらって

その間に悪戦苦闘すること10分後くらい

やっと火が起こってきました。

 

「B-6君」と網が近くて焦げ気味。

kyanpu-2017-takatuki-hirakata-yodogawa (12)

 

使用した感覚では普通の炭に弱い着火剤が

ついていただけの感じ。

 

最初に利用した着火剤不要の炭があまりに

優秀すぎてそれを基準にしてしまった。

 

優秀すぎた着火炭。

kyanpu-2017-takatuki-hirakata-yodogawa (11)

 

今は出回っていません。

もう少ししたら販売されるかな?

 

今回の炭も決してダメな訳ではなかったが

火が着くまでの時間を注意しないと。

 

他にも炭の数を多めに用意する。

普通の炭の感覚で使用しないと。

 

おかげですっかり日が暮れたのですが

実は今回のバーベキューで一番活躍した

商品が「USB広角2LEDライト」

daiso-camp.jpg (16)

 

肉の焼け具合を見るために購入した商品。

ヘッドライトとどちらを購入するか

かなり迷ったのですがこちらで正解。

 

以前の記事で載せた画像の様に

バッテリーとの組み合わせで使用。

ダイソーでそろえられる「バーベキューセット」。ハイキングにも使えますし、お財布に優しく数百円で笑顔になれます。

 

地面に置くと暗いので上から照らしたい。

以下の商品を組み合わせて利用。

  • 折りたたみ傘
  • ダブルクリップ
  • USB延長コード

そして「USB広角2LEDライト」

 

家に帰ってから再現してみた。

kyanpu-2017-takatuki-hirakata-yodogawa (8)

 

折りたたみ傘とライトをクリップで固定。

kyanpu-2017-takatuki-hirakata-yodogawa (9)

 

傘とカバンをクリップで固定。

kyanpu-2017-takatuki-hirakata-yodogawa (10)

 

これで「B-6君」だけでなく食べる場所

全体を照らしてくれました。

 

これで明るく食事ができました。

メモリ一つ減った時間は約2時間ほど。

kyanpu-2017-takatuki-hirakata-yodogawa (7)

 

まだまだバッテリーは持ちそうだったので

もっと夜のバーベキューを楽しめます。

 

自転車で来ていたので自転車に付けても

明るくて片付けの時にも大活躍。

 

最期に初めての湯沸かし。

 

正直家から持ってきた炭5個では少々

心もとなかったので追加。

 

お湯を沸かす事に成功。

kyanpu-2017-takatuki-hirakata-yodogawa (13)

 

「チキンラーメン+残った野菜」を投入

して食べてみました。

chikinra-men (2)

 

うまい!

「苦労+寒空」のおかげかもしれない。

 

これだと水だけ買ってお茶などの飲み物を

買わなくても良いかも。

 

暑い時は別ですが。

 

最期に炭が大量にあったので「網」

燃やす事ができました。

 

これのおかげで家に帰ってからの手入れの

手間が省けました。

 

今回のバーベキューは色々と収穫があり

今後に生かせそうです。

 

メリットとデメリットがハッキリしたので

以下に書いてみます。

 

メリット

  • 「USB広角2LEDライト」が便利。
  • バッテリーとの組み合わせで長時間利用可能。
  • 炭をたくさん使うと最期に網を焼けて家に帰ってから片付けの手間が減る。
  • 手作り網が大きかったので素手で持てた。

 

デメリット

  • 着火剤不要な炭でも時間が掛かる炭あり。
  • 火力が弱い炭だと数が必要。
  • 数が多いと荷物が増える。
  • 手作り網だけだと火が近すぎる

 

デメリットに関してはほぼ「炭」の事でした。

 

道具がそろってきて商品の特性が理解できて

これからはどんどん手軽にバーベキューを

楽しめるイメージが出来てきました。

 

関連リンク

今シーズン初のバーベキューへ行って来ました。高槻から行って淀川周辺で実行するまで。(準備編)

スポンサードリンク

コメントを残す