関根勤の言葉が今の僕の心に突き刺さる!

スマホの週間ジョージアで関根勤さんが

ほろ苦インタビューに答えていました。

http://weekly-g.jp/pr/#

 

その中での関根勤さんの話です。

 

僕は番組に新しく登場したキャラだったから、

どういう人間なのかを視聴者が知るまでに、

時間がかかるんですよね。

 

でもぼくは知ってもらう前に、いきなり自分の

芸風を100%で、しかもどんどんオーバーに

やっていった。

 

だからウケるウケないの前に、最初から

拒否反応を持たれてしまったんでしょうね。

 

ーーなるほど。それは一般社会にも

当てはまりそうですね。

 

そう、会社でも何でも集団に初めて

入ったとき、張り切ってバッと前に出ても

大体失敗してしまうもんですよ。

 

この部分は、本当に同意です。(汗)

新しい職場で、張り切っちゃいました。(笑)

 

張り切るつもりは無かったんですが

結果的に肩肘張って仕事しちゃいました。

 

自分で言うのも何なんですが

人当たりは悪くない方でした。

 

見知らぬ人でも、人見知りせず

打ち解けられる方でした。

 

しかし、一緒に働く相手からすれば

訳の分からない人間が大きな顔をして

仕事をしていれば、反発するのは当然。

 

まあ、失敗するべくして失敗しました。

 

それよりも、まず自分がどんな人間か

知ってもらうことが大事。

 

知ってもらった後に自分を出していけば、

「ああ、この人、実はこういう人なんだ」って

初めて、素直に受け入れて

もらえるんですよね。

 

転職するより先に、このインタビューに

出会えたかったですね。(笑)

 

もう一つ

https://www.rosei.jp/jinjour/article.php?entry_no=56075

 

「よく『心技体』と言いますが、昔の人は

現代人より運動量が多かったから『体』は

3番目で良かったんです。

 

今の時代に合わせて言い換えれば

『体心技』。

 

『身体を鍛え、心を穏やかにして、

技術を身につけて仕事を頑張る』という

順に考える。

 

まずは健康な身体を作ることが第一です。

 

だって、もし40度の高熱が出たら

 

『彼女に会いに行くより寝ていたほうが

いい』と思うものでしょう? 

身体作りって、本当に大事なんですよ」

 

『体心技』。良い言葉ですよね。

 

骨折して、思うように体が動かない

自分としては、この言葉が

すっと」心に入ってきます。

 

本当に体が資本です。

 

「健全な精神は健全な肉体に宿ります。」

それを日々実感して生きています。

「犬が僕のトレーナーになっています。

 

『今日は行きたくないな』と思う日も

あるんですよ。

 

でも、ライルが邪気のない目で

僕を見つめてじっと待っているのをみると、

『よし、行こう』と思う。

 

それで外に出て歩いてみると、5分くらいで

すごく気持ちよくなってくるんですね。

 

少し早足で歩くと、身体が空気を

取り込むんです。

 

焦らず、少しずつ負荷を上げていくと

いいんじゃないでしょうか」

 

朝の出勤時、行きたくない日も

たまにはあります。

 

しかし、駅から距離があるので歩いていると

だんだんとやる気になってきます。

 

将来、ブロガーで独立するにしても、家で

ガッツリ仕事はあわないと感じています。

 

なので、無理矢理でも朝はどこかに

出勤しようと考えています。

 

そうすると、仕事もはかどるかな?

「ノマド」って奴ですかね。

 

本当に関根勤さんの言葉が

僕の体と心にしみ入りました。

 

手術後412日目、破裂骨折後419日目

スポンサードリンク

コメントを残す