退院日に帰るまでのスケジュールと感じた事

一応、今日が退院です。

やっと家に帰れます。

 

退院までの流れとしては

  1. 朝食を食べる。
  2. 午前中にリハビリ。
  3. お医者さんの説明。
  4. 昼食を食べる。
  5. お金を支払う。
  6. 次の外来のスケジュールの確認。

 

上記のスケジュールの合間は

腰が痛いのでゴロゴロです。

 

そんなに言うほど痛くは

ないんですけどね。

 

ここの病院のシステムでは

会計した後、病棟に戻って

 

退院の手続きをしないといけないので

めんどくさかったです。

 

帰るまでの準備をしていた時

色々と荷物が増えました。

 

そうそう、手続きとして

高額医療費について送付すると

 

いくらか帰ってくる書類を

奥さんに提出してもらいました。

 

それについては後日書きます。

 

退院に関しての手引書や

手術で摘出した体内にあった金属。

bisu

 

短いネジでも、約5センチ。

さすがに大きいと感じました。

 

こんなものが体の中に入って

自分をを支えてくれていたんですね。

 

これだけの金属が抜けたら

骨に穴が開いているので無理は禁物。

 

そりゃあ、腰も痛くなるわけです。

 

病院を出て駐車場へ行くにも

えっちらおっちらと、おぼつかない足取り。

 

ちょっとつまずくと腰に響きます。(汗)

 

やっとの思いで車に乗るも、背中の

腰の部分が座席に当たると痛い。

 

座席から背中の部分を浮かせても

車が走り出したら、これまた痛い。

 

Gがかかるたびに、体が硬くなります。

そんなこんなで我が家に到着。(汗)

 

布団に転がって、手術跡をカバーしてくれている

ガーゼ部分を撮影してもらいました。

kosi-sipu

 

結構大きい!

 

広範囲をカバーしていて、水が入らないように

しっかり密封してくれています。

 

その分、汗をかきやすいですが。(汗)

 

外来で傷を見てもらって、どうもなければ

このガーゼは小さくなるそうです。

 

手術後438日目、破裂骨折後445日目

スポンサードリンク

コメントを残す