抜針手術後のリハビリは思いのほかスムーズでした

手術翌日。

 

夜更かしして寝るのが遅かったせいか

それとも、痛みがほぼ無いせいか

手術をしたのかどうかも曖昧な感覚。

 

しかし、寝返りをうとうとすると

やっぱり腰が痛い。

 

現実に戻されましたが

手術が終わってたと分かるとひと安心。

 

他には、喉がイガイガするので

「風邪かな?」と思っていました。

 

しかし、気管挿管をされた事

を説明してもらって納得しました。

 

今日はリハビリがあるらしいのですが

立つところまでが目標みたいです。

 

手術後は、ベッドの角度が45度までしか

許可が出ていません。

 

なので、座るだけなのですが怖いです。

 

さて、リハビリの状態ですが

何とか問題なくベッド上で座れました。

そのまま起立。結構問題なく立てました。

 

ずっと横になってたので、若干

頭がぼーとしますが問題なしです。

 

そのまま車イスへ移動。

 

骨折した時の事を考えたら

ほぼ問題なく動けます。

 

順調に動けたのでウォーキング。

 

支えの金属がなくなったので

何となく背骨が心もとないです。

 

手術した腰には、手術の痕があり

傷になっています。

 

その傷の上にガーゼをはって

大きなテープで固定されているので

後ろに反りぎみに引っ張られます。

 

流石にちょっと歩いただけで

疲れるので無理は禁物。

 

血腫ができても困りますからね。

焦らずにがんばります。

 

夕方には抗生物質の点滴と

痛み止めがなくなるのでそうなることやら。

 

手術後437日目、破裂骨折後444日目

スポンサードリンク

コメントを残す