ふだんスーツを着ない自分が、気になった注意点とは?

突発的にスーツが必要になった。

 

ジーパンのようなラフなカッコでなければ

一応OKな様ですが・・・。

 

ふだんあまりスーツを着ないので

着られるスーツをタンスの中から

探すことになった。

 

昔のスーツを着てみると

おっさん体型になっていて

お腹とお尻が苦しい。(汗)

 

やっぱり20年ちょい前は

「だいぶん細い体だったんだな~」

と痛感しました。

 

ジャケットと綿パンの組み合わせで

自分では「これで良いかな?」と

思ったのですが、家族からNG。

 

もう、最近は昼間の気温が

30度近くになってきています。

 

ズボンだけは別に合うのがあったので

上着は無しで、シャツにネクタイで

行くことにしました。

 

上着を無しにすると、ズボンのベルトが

むき出しになって、ベルトのバックルの

重要性を感じました。

 

ネクタイも白との対比で黒っぽい

紺色にしました。

 

しかし、もう少し明るい色も必要かな?

 

今回、少し正装について考える機会が

与えられたので、まとめてみました。

 

1、スーツは季節柄、春秋ものと冬物

少なくとも2種類は必要。

 

暑さ寒さが違いますから

まあ、当然ですね。

 

2、カッターシャツは白と

それ以外も欲しい!

カッターシャツは白だけでも良いが

真っ白だけだと少し堅すぎるかな?

 

少し砕けた時用に、同じ白でも

薄く線の入ったストライプや

色柄モノも欲しいところ。

 

3、カッターシャツの種類ごとに

半袖と長袖が欲しい!

 

 

そしてそれぞれに、長袖と半袖を

用意しておきたいところです。

 

4、白いTシャツ、肌着が必要。

 

忘れてならいのは、白いTシャツ。

 

普段スーツなどを着ないと、案外

無地のTシャツを持ってなかったり

している人も多いんじゃないでしょうか?

 

5、ベルトはバックルがある方が

良いかもしれない。

 

上着が無くてもかっこよく見えそうです。

 

6、ネクタイは、地味系と明るめと

2種類くらいはほしい。

 

ネクタイは、地味系と明るめと

2種類くらいは必要なんじゃないかな?

 

TPOにあわせてってとこです。

 

僕が気になったのはこんなところでした。

手術後372日目、破裂骨折後379日目

スポンサードリンク

コメントを残す