3月のライオンの発売でキャラクターに人生を教わる

3月のライオンが発売されました。

 

ファンの女の子の紹介で

読み始めた本ですが人気ですね。

 

う~ん、けっして楽しいお話ではなく

むしろ「くら~い」話なんですがね。

 

それでも引き込まれるのは

それぞれのマンガのキャラが

それこそ命をかけて生きているから。

 

僕はそう感じています。

 

未来をめざす若者や、今を必死に生きる

中年~老人までを見事に描いています。

 

誰がとかではなく、それぞれのキャラが

常に何かに悩んで生きていっている。

 

「三月のライオン」の読者が

悩んでいる自分の事を、それぞれの

キャラに投影しているのかな?

 

個性豊かなキャラ達の中で

個人的には「二階堂春信」が良いです。

 

実在した人物「村山聖」さんが

モデルと言われていますね。

 

短かった寿命の中で病気と闘いながら

一生懸命将棋に人生を欠けた人物。

 

ネフローゼの影響であろう

ふっくらした顔も似せていますね。

 

あ、もう独りのくたびれたおじさんの

「島田 開」さんも良いです。

 

おじさんの星ですからね。(笑)

 

いい年したおっさんでも、好きなモノ

「将棋」に情熱を傾ける姿なんて

「カッコイイ!」じゃありませんか?

 

おっさんの自分と年齢的に似ている境遇で

キャラクターに入り込みやすいですしね。

 

自分にも一生懸命に情熱をかけられる

「モノ」がほしいと読んでいるような。

 

もちろん日々生きている事に感謝は

していますが、何かに情熱を傾けたい!

 

そんなヒントになる「マンガ」かも。

スポンサードリンク

コメントを残す