2回以上、起業して成功している人たちのセオリーは起業をめざしている人にとっては喉から手が出るほど知りたい内容。少しでも成功するためのヒントをつかもう!

起業。

日常的に考えている・・・だけ。

 

それだけハードルが高い。

行動が大事と言うけれど難しい。

 

考えれば考えるほど動けなくなる。

それほど「起業する」のは難しい。

 

自分の中ではブログなどをして行動を

しているつもりではあるが、一朝一夕には

すぐには上手くいかない。

 

起業するにあたってのハードルの高さは

身に染みている部分はある。

 

だから本書のように2回以上起業して

ましてや成功している人たちの存在は

物凄い憧れの対象となります。

nikaiijyoukigyousiteseikou

 

本書の内容は、連続起業に成功している

人たちが登場します。

 

本書に登場する人物たちは自分の事を

「大した事ない」、「運が良かっただけ」

なんて思っていそう。

 

しかし行動力、思考が半端なく見えます。

少なくとも僕の目にはそう見えます。

 

それでもこんな自分にもたくさんの

ヒントになりそうな事が書いています。

 

自分の事を話してくれている人達は

多種多様で考えや行動方法が多種類。

 

そのため、誰かの考え方や行動力が

参考になる可能性があります。

 

本書は1~8に分けられていて

そのうち1~7までは起業を成功させた

人たちの実体験や考え方の話。

 

ケース8は2回以上連続して起業を

成功させた人たちの言葉が書かれてます。

 

最後にまとめ。

 

連続起業家たちが実践している8つの

セオリーが書かれています。

 

実際に起業に成功した人の話は重く深い。

やはり実際に行動した人の言葉は重い。

 

そして、実践的なモノが感じられる。

 

だからケース8の2回以上連続して起業を

成功させた人たちの言葉が心に響く。

 

成功者達についての記事は

別記事に書いています。

2回以上、起業して成功している人たちのセオリーで登場してくる人達が気になる。そうそうたるメンバーかと思いきや起業に苦しんでいる人もいたり、リアリティーあるれる人選。

 

そしてそんな人たちがしてきた事を

8つにまとめたセオリーがタメになります。

  1. 市場調査をしない
  2. 事業計画にこだわらない
  3. キャリアを積み重ねない
  4. 度胸で勝負しない
  5. 運がいいと信じている
  6. 「なにを」より「だれと」
  7. 「弱み」に徹する
  8. 「競合」ではなく「協業」

 

自分が求めていた本はこんな感じの本。

 

実際の成功者のインタビュー形式で

生の声を聞かせてくれる本。

 

自分の人生の指針となる人を探すのに

ピッタリの本。

 

金持になりたい、どう生きて良いのかが

分からない、人生の目標が欲しい。

 

そんな人たちに読んでほしい本。

スポンサードリンク

2回以上、起業して成功している人たちのセオリーは起業をめざしている人にとっては喉から手が出るほど知りたい内容。少しでも成功するためのヒントをつかもう!」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 2回以上、起業して成功している人たちのセオリーで登場してくる人達が気になる。そうそうたるメンバーかと思いきや起業に苦しんでいる人もいたり、リアリティーあるれる人選。 | 人生

コメントを残す