道は開ける

今現在、骨折して体が思うように動かない。

ケガの保険と妻の勤務によって家計が支えられている。

 

そんな中で「道は開ける」と言う本に、光明を求める。

本の内容といえば、自己啓発本に分類される。

 

そんなつもりで読むと、少し自分の心が軽くなったような

そんな気分にさせてくれる。

 

書いてある社会背景の部分は、少し古い時代のモノだが

今でも不安定な社会情勢は、本で書かれている時代と

ほぼ同じではないかと思う。

 

そういった意味では、すんなり今の自分の事として

考えて読んでいけるのではないかと思う。

 

生きる事に行き詰まっている人に読んでもらって

是非心を軽くして、自分の生きる道を見つけて欲しい。

 

あなたや自分自身に対して道を教えてくれると思う。

 

スポンサードリンク

コメントを残す