読むだけでお金に愛される22の言葉

世の中にはお金持ちと貧乏人がいる。

それと、大多数のその他の人がいると思っています。

 

ちなみに自分は、その他の人。つまり中流家庭。

そう思って生きています。

 

家庭はそんなに貧乏でもなく、暮らさしてもらって

就職をして、まあ、結婚。

 

子供達ももうけました。

 

この本では、貧しい時は運をためているそうです。

 

個人的には、運をためている時期はあったのですが

いまだに使えていません。(笑)

 

題名の通り「読むだけでお金に愛される22の言葉」が

本書の中にちりばめられています。

 

たくさんの血肉になる言葉がありましたが

 

「お金で幸せがかえない」という人は、

どこに幸せが売っているかを知らない

 

この言葉にはっとさせられました。

 

本書の中にはどこでお金を使うかには

それほど言及していなかったので

 

もう少し具体的に数多く書いてくれていると

さらに本書が良く思われたのではないでしょうか?

 

それにしても良書だと思われます。

他にもたくさんの良い言葉が記述されています。

 

心とお金の事が、少し分かるような感じがします。

 

残念ながら、本書を読んで急にはお金持ちには

成れないと思いますが、お金はよってきそうです。

 

スポンサードリンク

コメントを残す