報われない人の9つの習慣で自分の習慣を見直してみましょう。日々の生活だと思っている人は、案外いけていない習慣で行動しているかもしれません。

報われない人の 9つの習慣 (青春新書プレイブックス)

mukuwarenaihitono9tunosyuukan

 

報われないのはナゼか。

私はこれだけやっているのに!

どれだけやっても報われない!

 

こんな事を思っている人は

たくさんいると想像がつきます。

 

個人的には、日々の仕事で報われないと

思っているから転職を考えてます。

 

しかし、思う事。

「自分のやり方が間違っている?」

 

自己満足でやってるだけかも?

結果がともなっていないから?

 

自問自答します。

自問自答はしても答えは見つからない。

 

だって正しい答えと照らし合わせて

考えていないから。

 

そんな日々、報われないと感じているなら

答えの一つとして本書の内容を答えとして

読むのもあり。

 

むしろ、答えも無しに悩むよりは

本書の考え方を答えとして参考にして

行動を起こすのが正解かも。

 

報われない人の9つの習慣と書いていますが

内容は9つだけではありません。

 

あくまで9つの習慣と言う事で

9つの講に分けられてるだけ。

  1. 「性格」についての報われない習慣
  2. 「時間」について報われない習慣
  3. 「原理・原則」についての報われない習慣
  4. 「収入・お金」についての報われない習慣
  5. 「勉強」についての報われない習慣
  6. 「目標」についての報われない習慣
  7. 「リスク」についての報われない習慣
  8. 「働き方」についての報われない習慣
  9. 「リーダーシップ・人脈」についての報われない習慣

 

「9つの講」からさらに細かく書かれてて

81個の内容が表記されています。

 

9つの講それぞれが生きていて

働いていたら気になる項目です。

 

なんでもかんでも「効率」を重視すると

結局前に進まない。

 

かといって、がむしゃらに行動すると

とんでもない方向に行ってしまう。

 

「正しい行動」とは「正しい努力」を

知らなければならない。

 

まあ、理不尽に怒るだけの職場では

そんな気にもなりませんが。(笑)

 

習慣は環境にも左右されます。

 

自分が置かれた環境が正しくなければ

正しくない習慣が身についてしまう。

 

  • 正しくない習慣を心配をしている人。
  • 無駄な努力が嫌いな人。

そんな人が読むべき本かも。

 

こんな風に書いていて実は自分も本書に

打ちのめされたりしてます。

 

代表適なのをいくつか。

 

人生何度かつまずくのは仕方がない

これなんかそう思っていたのですが

「つまづいた人への慰めの言葉」らしい。

 

あくまで一生懸命やってからの言葉。

 

けっして、「失敗しても良い」なんて

いい加減な気持ちではいけない。

 

そんな諺ですが目からうろこです。

 

「稼ごう」と強く思っている人しか稼げない

お金の事を考えないといけない。

 

しかし、逆にお金ばかりを追いかけると

お客様は逃げていってしまう。

 

良い仕事を追っていけば自然とお金も

入ってきて実力も上がる。

 

納得の内容です。

本書を読んで納得したら行動しましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す