仕事が出来ようができまいが「お店での所作」はスマートに美しく行いたいものです。それができる人が「仕事もできる人」かと。

仕事ができる人は店での「所作」も美しい

題名の言葉につられて買っちゃいました。

sigotogadekiruhitohamisedeno

そして読んでみた感想。

 

「気配り」または「思いやり」

相手への「配慮」があるかどうか。

 

相手を大切に思えるかどうかですね。

 

確かに仕事ができるかどうかに

関わってくると思います。

 

飲食店に行って常に感じることは

お客さんの店員さんへの物腰。

 

「横柄な人」もいれば「丁寧な人」もいる。

 

横柄な態度で店員さんに接しているのを

見ていると店員さんや周りで食事をして

いる人達も「不快」な気持ちになるだろう。

 

これって仕事をしている限り殆どの人は

対人だと思うので自分に置き換えて考える。

 

なるほど相手を思うのは大事。

egg-1364869_1280

 

そういう意味ではお店での「所作」は

美しくなるんでしょう。

 

僕も常に心がけていることがあります。

まず、「自分が一番大事」

 

これって反論はたくさんあると思いますが

「真理」だと思っています。

 

自分が認識しているかどうかは別にして

誰もがそう思っていると思います。

 

しかし、常に自分を優先していては結局

相手にないがしろにされてしまいます。

 

で、結局「自分を大事」にできない

 

「相手を大事に思える人」は結局

「自分も大事」にできる

 

そう思います。

 

そして「自分を大事にできる人」

「相手も大事」にできて好循環になる。

 

そんな人間関係を構築したいです。

 

そしてそんな良い関係をお店を通して

作ろうとすれば当然「マナー」も大事。

 

お店で食事をするのでしたら

最も大事なマナーは

 

「出されたものをすぐにいただくこと」

だそうです。

 

食事に来てるんですから当然ですね。

 

しかし、打ち合わせなどで来店している

人達の場合は違うんでしょう。

 

いろいろな場面がありますからね。

 

まあでも気になる「マナー」

「出されたものをすぐにいただくこと」

を心がけるだけで良いならできそうです。

 

他にはあちこちのお店を行くより

「この一店」を持つこと。

 

他には

  • 店にゆだねる時はゆだねること。
  • 接待の誘いも断りも丁寧すぎることはない。
  • 人を頼るなら最初からたよる。
  • 上座がわからなければ店員さんに聞く。
  • 相手の希望に半歩でも歩み寄れるか?

 

などなど確かに仕事に通じる「金言」

散りばめられている一冊でした。

 

スポンサードリンク

コメントを残す