スタバ株は1月に買え!10万円で始めるイベント投資入門はイベント投資に着目した初心者向けの本。株主優待や年中行事や季節にともなうイベントに注目した投資方法。

株を始めようと思っていた自分には

願ってもない本。

スタバ株は1月に買え!: 10万円で始めるイベント投資入門

sutabakabuha1gatunikae

 

ぶっちゃけ、お金が儲かればよい。

 

お金儲けには株でないといけないと

思っている訳ではない。

 

そう思ってみても、そう簡単にお金が

儲かる訳はない。

 

そのためには、株の勉強をしないと

勝てる訳がない。

 

そういう考えを根本から打ち砕く題名。

 

スタバの株を1月に買って3月に売るだけで

儲かると作者は言っている。

 

そんな簡単に儲かるなら誰も苦労しない。

 

しかし、本書は単純にスタバ株

「買え!」と言っている訳では無い。

 

年間を通して、イベント事に注意して

株を買いなさいと言っているだけ。

 

当たり前と言えば当たり前ですが

どんな時に株を購入して、どうなったら

株を売却するかの指針を示してくれる。

 

自分のような初心者にはありがたい。

 

絶対ではなくても、少しでも勝ちバターン

が、あれば知りたい。

 

爆勝ちしなくても、負けなければ良い。

 

優良株が値上がりするときも、なぜ、

値上がりするかの理由も書かれています。

 

少しでもやりたい事を見つけるためにも

お金が必要。

 

今の仕事や収入に満足しているのなら

今の人生で問題はないでしょう。

 

しかし、株に未来を期待しているなら

株でお金を稼ぐ方法を見つけたい。

 

本書に書かれている

「もし今日が最後の日だとしても、今から

やろうとしていたことをするだろうかと

自分に問いかけたとき、『しない』という

答えが何日も続くようなら、ちょっと

生き方を見直せということです」

かの有名なスティーブ・ジョブスの言葉。

アップルの元CEAの言葉が身に染みます。

 

とはいえ、イベント投資をすれば簡単に

儲かる訳ではないので、その辺の事を

ちゃんと解説してくれています。

 

イベント投資はお花屋さんと一緒

自分が花屋さんになったと思って考える。

 

商品を仕入れるときはお客さんの立場で

物事を考えなくてはいけない。

 

自分が欲しい花ばっかりしいれてもダメ。

 

お客さんがどんなことに花を利用するのか

考えて品物の仕入れをしないといけない。

 

当たり前の考えですが名言です。

自分も含めて、人は自分中心に考えがち。

 

逆に、お客さんの事を考える事ができたら

株の動きもある程度は予想できそうです。

 

本書を読んで学んだ事は、株価の上下で

一喜一憂しないこと。

 

なぜ、その株が上がったか下がったかを

考える事によって半歩先の売買ができる。

 

チャートだけを水に会社やお客さんを

観察できたら自然と利益がついてきそう。

 

これから株をする人は、株の売買方法の

一つとして参考になる本。

スポンサードリンク

スタバ株は1月に買え!10万円で始めるイベント投資入門はイベント投資に着目した初心者向けの本。株主優待や年中行事や季節にともなうイベントに注目した投資方法。」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 会社員をしつつ、株で元手40万から月250万ちょい稼いでいる件で、時間の少ないサラリーマンにもってこいのイベント投資で稼ぐ。 | 人生一度!腰椎破裂骨折にも負けない!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください