エピソード一つとっても松下幸之助さんの深さを感じる事ができる。人間としての深みを知りたかったら読んでみると良い。

良書と言うものは読むだけで

深く考えさせられ心に響く。

matusitakounosuke

 

病気に感謝!

 

個人的な事を書かせてもらうと

肝臓の病気で入院したことがある。

 

このブログでもあるように

骨折して手術も受けたことがある。

 

松下幸之助さんは病気で入院した

社員へお見舞いに行った時に

病気に感謝しなさいと言ったとか。

 

何度も書いていますが、骨折当時は

結構落ち込んだものです。

 

転職して数ヵ月での事故。

前職を辞めざるをえなかった事。

 

その傷も癒えぬ時期だったのもあり

結構、心のダメージもあった。

 

今でも腰が痛いときはあります。

 

朝の起き抜けの時や重いものを

持ったりした時に強く感じます。

 

それでも今は、腰の痛みが体の疲れの

目安として付き合っています。

 

幸之助さんも社員さんに

病気に感謝しなさいとおっしゃっている。

 

普通は病気に感謝なんて発想は

出てこないと思います。

 

それは幸之助さんが小さい頃から病弱で

病気との付き合いが長かったからかも。

 

病気とのつきあい方を知っている。

 

病気になったのなら病気を遠ざけるの

ではなく病気と付き合っていく。

 

この言葉ってかなりの人が

救われる言葉かもしれません。

 

病気になった人は結構落ち込みます。

大病となればなおさら。

 

お見舞いの言葉としては最上かも。

 

タバコを吸って肺や咽頭の

病気になる人には同情しませんが。

skull-and-crossbones-1418827_1920

 

風邪を引いてゲホゲホやっている人にも

同情する来も起きません。

 

早くタバコをやめなさい!

 

そう言われるのが関の山。

飲酒もそうですね。

 

個人的に若かった出来事とはいえ

マラソンも飲酒も遊びもたくさんして

肝炎になっていれば世話ない。(汗)

 

ちょっとした風邪だと思って油断して

生活していました。

 

自分の体の声を聞くことはすごく大事。

 

幸之助さんの言う

病気を大事にしいや!

byouki

 

この言葉は体の声を大事にと同義。

僕はそう思っています。

 

これからは風邪やインフルエンザの季節

予防も大事なのでマスクを忘れずに!

スポンサードリンク

コメントを残す