イヤならやめろ!と叱咤激励してくれるのは堀場製作所の創業者。会社とおもしろおかしくつきあう方法を知りたければどうぞ。

堀場雅夫。

言わずとしれた堀場製作所の創業者

 

その創業者が書いた本。

iyanarayamero

なのに、題名がイヤならやめろ!

 

創業者として、経営者として

社員には会社をやめて欲しくは無いと

思うのですがなかなか思い切った発言。

 

イヤならやめろ!なんて言う人だから

破天荒で無茶苦茶な人物・・・

 

・・・なんてことは無い。

 

筆者自身は、なかなか尖った人物。

 

しかし、社員に関しては一家言を

お持ちの人物。

 

社員にオリジナリティを求めている。

 

堀場製作所には、おもしろおかしくを

社是(しゃぜ)として掲げています。

 

仕事をしている本人がおもしろおかしく

仕事をしているかどうか。

 

本書を読めば読むほど、

こんな風変わりな人の元で

働きたいと思ってしまう。

 

「イヤならやめろ」の題名に惹かれて

本書を手にとったものの、思ったモノと

少し違うように感じる。

 

社員個人個人の考え方にフォーカスして

会社からの目線では書かれていない。

 

いや、もちろん会社の社員だから

会社に有益ではないと困るであろう。

 

しかし、だからといって会社に従順で

おんぶに抱っこが良いとも思っていない。

 

仕事に対してなら、従順なだけの人より

尖った人間になる事を薦めています。

 

仕事に対して尖った人間になるためには

仕事の事を良くわかっていないとダメ。

 

仕事を分かった上での創意工夫。

 

今までのやり方から一切引き継がず

まったく違うやり方を考える。

 

何も分からずに尖っていては

タダの負け犬の遠吠えと一緒。

 

誰も耳を傾けてくれないし

力にもなってくれません。

 

イザとなったら自分一人でもやってやる!

という気概が必要。

 

しかし、一人で出来ることは大した事は

できないとも言っています。

 

独りでも仕事が出来る強い気持ちと

組織で仕事をするためのやり方と考え方。

 

この2つを身につけるための本。

そのための項目をいくつかピックアップ。

 

問題意識を持たない人は、有効な情報は得られない

自分自身が有益な情報を持っていないと

良い情報は入ってこない。

 

そのためには、普段から問題意識を持つ。

 

日々、アンテナを立てて勉強し

新しいニュースを集めないといけない。

 

費用とは時間の固まりである

費用を節約するということは

時間を節約すること。

 

自分に新しい発想が無いとき、「市場は飽和している」と言いたがる

成熟市場なんて言葉は言い訳。

表面的なニーズしか追っていないから。

 

目標は「世界一」だけ

自分がプライスリーダーにならなければ

その仕事から手を引くべき。

 

自分が何が何でも欲しいと思うような製品でなければ、お客が買うはずがない

自分自身が欲しいと思わない物は

誰も買いませんよね。

 

ブログでも同じ。

 

自分自身が読みたいと思わないと

誰も来てくれませんものね。

 

最近、PV(ページビュー)が頭打ちの

自分自身にも響く言葉。

 

原価50%ダウン、生産性二倍アップの発想は従来の延長線上にはない

原価率を50%ダウンするということは

生産性を二倍アップすることと同じ。

 

常にこのような発想で考える。

 

すべてのリクエストに対して、二十四時間以内に解答せよ

完全でなくても、答えられる限り

解答しないといけない。

 

完全を目指しすぎて対応しないと

話が前に進まない。

 

「タイム・ワン・ハーフ(1/2)」計画

すべての仕事にかかる時間を二分の一に

削減する運動。

堀場の仕事については

「タイム・ワン・ハーフ」

の言葉に集約される。

 

自分自身もこれを目指して考える。

 

本書は企業で働くノウハウ。

個人で働くノウハウが書かれている。

 

どちらを参考にするか、はたまた両方か。

どちらにしてもタメになるマインド。

スポンサードリンク

コメントを残す