はじめての人のための3000円投資生活を読んで投資デビューしました!3000円からなら、無理なく投資と貯金ができます。自分をレベルアップさせて、お金持ちになります。

お金を増やしたい!

money-2724241_1920

銀行に預けても利息は微々たる物。

 

なんとかお金を増やしたい!

銀行に貯金してもほとんど増えない。

 

それならば、投資で増やせば良い。

そう、世間では言われている。

 

そうしたいのは山々。

投資でお金が増やせるならやりたい!

 

しかし、投資をしたら資産が減るとも

言われていてなかなか手が出せない。

 

投資をしたいけど、怖い!

ならば勉強すれば良い。

 

そう思って本書を購入。

はじめての人のための3000円投資生活

3000yentousiseikatu

 

3000円から投資が始められるとのこと。

さすがに3000円ならスグにでも出来る。

 

例え3000円を失っても死ぬ程ではない。

 

もし3000円失っても、勉強代と思えば

安いのではないか?

 

怖がってやらないよりもやってみる。

失敗しても、小さな失敗の経験ができる。

 

次は、その失敗の経験を生かして

投資していけば良いだけ。

 

流れとしてはこんな感じかもしれませんが

実際の細かいやり方は経験者でないと

初心者の人には分からない。

 

そこで、本書が役に立つ。

初心者が疑問に思う事が書いてある。

 

まずは、口座を開設する事。

口座を開かなければ投資はできません。

 

そして、本書が推奨しているのは

自宅で手軽に口座開設できるネット証券。

 

さらに、本書が推奨するネット証券が

複数紹介されています。

 

SBI証券、楽天証券、マネックス証券、

カブドットコム証券など。

 

個人的には楽天に口座があるので

本書を読んで楽天証券を申し込みました。

 

そして、初心者では分からないであろう

口座の種類にも言及。

 

申込の際に必ず訪ねられる口座の種類。

特定口座か?一般口座か?

 

さらに、特定口座開設したときには

源泉徴収をありにするか?なしにするか?

 

いろいろと事細かく書かれています。

 

もちろん、選んだ理由も書かれているので

納得して好きな方を選択できます。

 

そして、口座を開き株を買える準備が

整ったら今度は株の買い方。

 

まずは、初心者向けの買い方。

慣れてきた人向けの買い方など。

 

読者がステップアップしていても

それに合わせた買い方が書かれています。

 

本書で言いたいのは、株をすることにより

少しでも収益が上がるようにする事以上に

貯金体質の頭を作る事の大事さ。

 

最初は3000円の投資でも、慣れてきたら

5000円、1万円と投資額を上げていく。

 

貯金や投資をする事によって、お金を

コントロールできる自分を手に入れる事。

 

それが本書での本当の狙い。

3000円投資生活はあくまで「きっかけ」

 

自分自身もきっかけに乗って、貯金体質と

投資のテクニックを手に入れてやる!

スポンサードリンク

はじめての人のための3000円投資生活を読んで投資デビューしました!3000円からなら、無理なく投資と貯金ができます。自分をレベルアップさせて、お金持ちになります。」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 楽天証券を申し込んだので手続きを書いていきます。投資生活の第一歩、総合口座申込申請編。 | 人生一度!腰椎破裂骨折にも負けない!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください