お金と人を引き寄せる50の法則を読むと自分自身の洗い出しが出来ます。少なくとも自分自身で生活が選べる猛者になれる。

年を重ねると人恋しくなったりする事も

あったりすることもある。

 

いや、若くてもそうかもしれない。

人が来る家は良い家庭と誰かが言ってた。

 

そして人が集まる家にはお金も集まる。

幸せも集まるかもしれない。

 

そう思いながら本書を手にした。

 

お金と人を引き寄せる50の法則

okanetohitowohikitukeru50nohousoku

もちろん目的はお金持ちになる事。

 

プロローグでは「年収はあなたが獲得した

本音の人気投票」と書かれている。

 

日々、金欠でピーピー言っている自分には

いきなりの厳しいお言葉。

 

厳しい言葉か書かれている本ですが

逆に、これは期待できると思って読んだ。

 

Part1~6で構成されています。

  1. お金と人を引き寄せるスタンス
  2. お金と人を引き寄せる仕事術
  3. お金と人を引き寄せる会話術
  4. お金と人を引き寄せる時間術
  5. お金と人を引き寄せる発想術
  6. お金と人を引き寄せる決断術

 

所詮お金を引き寄せたかったら

人を引き寄せないといけない。

 

そのための50のヒントが書かれてます。

 

気になったのは

お金と人を引き寄せる会話術

 

この中にやってはいけない事がいくつか

書いてあって以下抜粋。

 

反論の仕方が憎たらしい人は、貧しくなる

これは自分としては「してない」と

否定したくなるが今ひとつ分からない。

 

相手を怒らせる時もあるし、自分の事は

案外見えないですからね。

 

憎たらしくならないように気をつけよう。

 

「この部分については知りませんでした」

は、目上の人に嫌われる。

 

・・・言った事がある。(汗)

 

どんなシチュエーションだったか忘れたが

確かに言った事は覚えている。

 

きっとその時は、ちっちゃい自分の

プライドがあったんでしょう。

 

100%全部教えてもらったと思うのが

イヤだったんでしょうね。

 

・・・小さい、小さすぎた自分。(汗)

 

納得できない時に、「う~ん」と唸らない

先ほどの事につながる内容ですが

ついつい相手の意見について考える時に

「う~ん」と唸ってしまったかも。

 

話してくれた内容と相手によるかなあ。

こう考える事が「う~ん」なんでしょう。

 

少なくとも教えてもらいに行った人には

そんな態度をとらないよう気をつけます。

 

いいかげん、そこそこの歳なんですが

まだまだ気をつけないといけません。

スポンサードリンク

コメントを残す