「脳を鍛えるためのいい習慣」で、いつもの生活に良い習慣をとりこんで質の高い生活をします。

またもやダイソー出版の本。

「脳を鍛えるためのいい習慣」

nouwokitaerutamenoiisyuukan

 

正直、脳の活性なんてあんまり積極的に

自分であげようなんて思っていない。

 

だって「疲れるから」

 

脳はどうやらすぐに

「サボりたがる」らしい。

 

それならそれでほっておきたい。

それくらい「ぐーたら」な自分。

 

しかしそれでは現状維持さえも困難。

筋力も運動しないと落ちていく。

 

そう考えると

「脳を鍛えないといけない」

 

筋肉の場合は運動しないと体が動かなく

なっていくのが自覚できます。

 

それに比べて脳の方は機能が低下しても

自覚しにくい。

 

そんな方法を書いている本が100円で

手にはいるのはありがたい。

 

以前にも書いてある本と一緒で

ダイソーで手にいれました。

daiso-sijyo-omiya

 

以前の記事

「夢をかなえるためにすべきこと」の本を100均のダイソーで購入して読んで幸せになります。それにしてもこれほどの書籍が100円とはありがたい。

 

以下本書の内容について考察。

 

例によって自分の利益になる項目を

ピックアップ&考察。

 

アイデアを提案するときは3つほどの

選択肢を用意する。

 

世代の離れた人とじっくり話す。

 

日記を書くと毎日がネタ探しになり

日常がもっと楽しくなる。

 

これはbブログを書いているので

日常の楽しさを日々実感しています。

 

ガーデニングを楽しんでみる。

 

これもイチゴなどを育てているので

楽しく実感しています。

 

家庭菜園をしています。

ほとんどイチゴの記事ばかりですが。

http://jinsei1do.com/category/%e5%ae%b6%e5%ba%ad%e8%8f%9c%e5%9c%92/

 

できれば小規模で良いから

畑などが欲しくなります。

 

 

以前読んだ本をもう一度読む。

二日前の出来事を日記にする。

 

これはブログの記事を書くにあたって

よくする行動です。

 

毎日当日起こった事柄を記事にするとは

限らないからです。

 

ここでもblogを書くと脳へのメリットが

あることを挙げられます。

 

机の上を整理整頓する。

机の状態は脳の状態と似ているそう。

 

降りたことのない駅で降りてみる。

 

実は通勤エリアはすべて途中下車を

した事があります。(笑)

 

それで同じホームから違う出口を

利用すると自分がどこにいるか

分からなくなってしまったりします。

 

自分の脳がいかに固くなっているかを

実感する瞬間でもあります。

 

近所をブラブラ散歩する。

 

歩くことの重要性を書いています。

「困った時も歩く」と書いてます。

 

これにも激しく同意で常に歩いてます。

出勤の往復や仕事などでも。

 

ハイキングも好きですし散歩も好き。

知らない所を歩くのも好きです。

 

ハイキング記事

「天王山」は大山崎にある歴史を感じながら「ハイキング」できる場所。(大山崎~パヴェナチュール~登山口)編。

 

これは自分の好きな事について

再認識させてもらいました。

 

昼寝をしてリフレッシュ。

これも実践しています。

 

最近、ブログの記事を書いたり、読書の

時間を捻出するために昼休みに作業など

行動しています。

 

しかし、必ず10分は昼寝しています。

 

目の疲れと頭のモヤモヤがスッキリして

午後の仕事にとりかかれます。

 

隙間時間を活用する。

 

時間制限がないと人は

だらけてしまいがち。

 

本当にそう思う。

日々自堕落な自分と戦っています。

 

かえって隙間時間にした方が集中できて

良い効果が得られそう。

 

実際昼休みの行動は時間制限があるので

集中しやすい。

 

マンガはたくさん読んでしまいますが。

時間制限しないといけません。

 

食事をとるとき腹八分目にする。

眠たくなりますもんね。

nemui

 

やりたいことを決めてから外出する

目的を持つことで脳は活発に動くそう。

 

自身を振り返ってもそう思います。

 

全部読んでみて本当に良い項目が

たくさん並んでいてとても参考になる。

 

100円でもこの本に書いてある内容は

「脳を鍛えるためのいい習慣」

の題名通り良い習慣です。

 

やはり何事も実践しないと始まらないし

行動あるのみ。

 

いくら良い事を知ったところで

知識だけではダメ。

 

本の題名通りの「いい習慣」

手に入れましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す