「書くことが思いつかない人のための文章教室」で作文やブログの記事が書けない事から脱出しましょ。じっくり読むと内容はメチャメチャ濃くて実になります。

ブログの記事を書いているから

自分的には「物書き」になるのかな。

 

そんな感覚はないけど。

 

物書きならば、書くことが思い付かない

なんて事は日常茶飯事?

 

文字を書くことを仕事にしていると

書けないスランプなどもあるかも。

 

もちろん、学校の勉強や宿題で

作文なんかで書かないといけない。

 

そんな時もあるでしょう。

 

生きてる以上は、文章を書く事は

大なり小なり必要でしょう。

 

それでも書けない人のヒントになる本。

書くことが思いつかない人のための文章教室 (幻冬舎新書)

kakukotogaomoitukanaihito

 

本書の題名は書く事が思いつかない人の

ための文章教室と書いています。

 

しかし、それだけではなく

文章の書き方についても書かれてます。

 

それもかなり詳しく例文付きで。

 

内容が濃いのでまるで国語の勉強を

しているみたい。(汗)

 

本書を紹介するにあたって、せめて

もう少し分かりやすく書いてみる。

 

本書は大まかに1~4章に別れています。

 

少な目に見えますが、1章ごとの内容が

とても濃いのでかなり読みごたえあり。

  1. 記憶を描写してみよう
  2. 伝わる文章の秘密
  3. そもそも書く手順とは?
  4. 文章はこう直す

 

さらに章ごとに

 

第1章 記憶を描写してみよう

  • いい文章とは
  • 何をかけばいいのか
  • 描写力をどうつけるか
  • 観察力をどう養うか
  • 描写と説明の違い
  • 独自の視点で書くには

 

第2章 伝わる文章の秘密

  • 「人プラス物」
  • 情景描写の効果
  • 共感を呼ぶには
  • 五感の活用法
  • 感動体験を生かす
  • ありふれた表現を避けるには
  • 比喩を生かすには
  • 擬音後と擬態語

 

第3章 そもそも書く手順とは?

  • 箇条書きから始める
  • 現在・過去・未来の順に書く
  • 書き出しで興味を引くワザ

 

第4章 文章はこう直す

  • 「思う」「考える」「感じる」を減らそう
  • オチでどう変わるか
  • テンの打ち方
  • 推敲の手順

 

第1章では何を書けばいいか

題名にある質問に答えています。

 

独自の視点で書くには

ブロガーのとっては、必要な思考。

 

書くことが決まれば次は書き方。

 

第2章では伝わる文章の秘密

相手に伝わる文章を書かないと

次からは来てくれないかも。

 

具体的な文章作成方法のテクニックが

書かれています。

 

ほかに文章を書く手順や文章の直し方

についても書かれています。

 

本書をまとめて何度も見直せるように

パソコンの横に置いておこう。

スポンサードリンク

コメントを残す