「あたりまえだけどなかなかできない集客のルール」を当たり前にすれば集客できるはず。あとは行動あるのみ!

あたりまえだけどなかなかできない

集客のルール

atarimaedakedo-syuukyakuru-ru

 

blogでアクセスを集めるのは

実際のお店で集客するのと同じ。

 

そう考えているので実際の店舗での

集客方法が書かれている本を購入。

 

本書のエッセンスを抽出します。

 

集客の3本柱は

「広告・口コミ・リピーター」

 

広告については

ネットの世界だとblog自体が広告か。

 

もちろんAdSenseなどに申し込んで

有料の広告を出してもらうのもあり。

 

口コミは、リアルでの人から人への

文字通りの口コミ。

 

ネットでは「Twitter」「Facebook」

などのSNSか主な口コミになりますね。

 

リピーターは常連さんと同じで必ず

必要な人達です。

 

リピーターを増やさないと

「穴のあいたザル」と一緒。

 

いくら新規のお客さんが来ても

全体のお客さんは増えません。

 

ライバルの動向をつかむ

自分より検索順位が上位であれば

それを目標にして対策をたてます。

 

お客様はだれか?

記事を書くときに誰をイメージして

書いていくことが必要です。

 

ステージ(集客対象)を広げる

たくさんの読者を集めようと思ったら

必然的に集客対象を広げないとダメ。

 

しかし何でもかんでも対象者を広げると

中身の薄い記事になると思うので注意。

 

お客様を分類する

潜在客、見込み客、客、上客

もちろん大事にするのは「上客」。

 

パレート理論とロングテール理論

メインの市場を求めるかニッチの市場を

求めるか決める。

 

お客様の言葉で語ろう

これは記事を書く時に注意しています。

 

効果的なキャッチコピーの基本。

比較、数字、逆説

グラフを使う

 

お客に3つの選択肢を与えるのが基本。

 

並列の選択肢

「醤油、塩、味噌」など

 

垂直の選択肢

「松・竹・梅」のようなもの

 

お役立ち情報が信頼を生む

 

上客最優先!

これはリピーターを最重要に大事にする

ということで良いかと。

 

常連さんを大事にするのは、京都では

当たり前としてとらえられています。

 

「一見さんお断り」ですね。

 

良い口コミを広げようとするより

悪い口コミをが広まらないようにする。

 

口コミ対策は男女で違う。

 

女性向けの口コミ対策は短期集中型

男性向けの口コミ対策は長期でじっくり

 

自分自身は男性なので男性目線で

記事を書いていってるつもり。

 

その上で女性にも共感していただいたら

良いかな?くらいの気持ちでblogの記事

を書いてます。

 

blogを運営する上で参考になる内容が

たくさん詰まっていました。

 

早速、参考にさせてもらいます。

スポンサードリンク

コメントを残す