給湯器のトラブルでお湯が出ない時に調べるメーカーへの連絡先一覧。

「助けて給湯器が凍結してお湯が出ないの」

日本中から悲鳴が

 

という題名で2チャンネルで話題になって

いました。(笑)

 

いやいあ、人の不幸で笑っては

いけませんね。(汗)

 

ヤフーの朝早くのリアルタイム検索で

「お湯が出ない」のキーワードが1位。

 

朝のバタバタしている時に大変だったのは

目に浮かぶようです。

 

さて、そんな困った時に検索して

自分で直そうなんて愚の骨頂!

 

・・・だと思いますが、みなさんはどう?

 

そんな事を思うのは僕だけですかね。

 

あんまり夜遅くや朝早くに「水が出ない」

症状に出会ったら諦めるしか無いでしょう。

 

メーカーに連絡できる時間が来るまで

我慢強く待つしか無いような。

 

しかし、朝イチのトラブルと違って流石に

どんな症状かは把握しておかないと。

 

問い合わせの前に自分なりに把握して

おけば話もスムーズにできるのでは?

 

ちなみよくある問い合わせ一覧

TOKYO GAS

http://home.tokyo-gas.co.jp/kiki/trouble_kyuutou.html

 

まあ、どちらにしても結局はメーカーに

問い合わせないといけないと思います。

 

なので、ここに給湯器を扱っている

メーカーのホームページを表記します。

 

対処方法や修理の連絡先など

表記してあります。

 

リンナイ株式会社

http://www3.rinnai.co.jp/index.html

 

給湯器の凍結防止について

http://rinnai.jp/rinnai_life/topics/freeze/

 

株式会社ノーリツ

http://www.noritz.co.jp/

 

冬季の給湯機器の破損・故障にご注意ください

http://www.noritz.co.jp/product/aftersupport/faq/season02

 

株式会社ハーマン

http://www.harman.co.jp/index.html

 

小型湯沸し器(について)

http://www.harman.co.jp/products/yuwakashi/index.html

 

株式会社パロマ

http://www.okakin.com/supplier02.html

 

点検・回収に関するお知らせ

http://www.paloma.co.jp/important/info_repair/info_important/index.html

 

パーパス株式会社

http://www.purpose.co.jp/

 

修理受付について

https://www.purpose.co.jp/aftersupport/repair/

 

株式会社長府製作所

http://www.chofu.co.jp/

 

給油関連

http://www.chofu.co.jp/support/faq/supply/index.html

 

パナソニック株式会社

http://www.panasonic.com/jp/home.html

 

総合お客様サポート

http://www.panasonic.com/jp/support.html

 

ダイキン工業株式会社

http://www.daikin.co.jp/

 

お問い合わせ(総合)

http://www.daikin.co.jp/inquiry/index.html

 

東芝キャリア株式会社

http://www.toshiba-carrier.co.jp/

 

サポート

http://www.toshiba-carrier.co.jp/support/index_j.htm

 

日立製作所株式会社

http://kadenfan.hitachi.co.jp/

 

お問い合わせ

http://kadenfan.hitachi.co.jp/afterservice/toiawase.html

 

三菱電機株式会社

http://www.mitsubishielectric.co.jp/

 
お問い合わせ

http://www.mitsubishielectric.co.jp/support/

 

これなんか少し面白いので、水道管の

凍結が心配な時はここをチェック。

水道凍結指数

http://www.tenki.jp/lite/indexes/freezing_water/
 
 

京都の町中でがそんなにたいして
 
雪は積もっていません。

 
しかし、路面が凍っていて雪が溶けない。

 
それくらい寒いので、水道管も少しは
 
気をつけたいものです。

 
暖冬から一転寒い冬がやってきたので
 
気をつけるようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す