使ってみて分かった!体のゆがみに対するインソールの重要性。

インソールって?

昔は中敷きだったんですがね。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E6%95%B7%E3%81%8D

 

もともと、足の蒸れ対策のための

モノだったように記憶しています。

insole

 

いつの間にかインソールと言う言葉が

定着しちゃいました。

 

昔と比べてみると中敷きとは

用途も少し変わってきました。

 

なぜインソールの話題を出すかというと

職場で靴の支給が行われた時の事。

 

自分の靴にインソールが入っていた事を

思い出したからです。

 

体にケガをおってしまって体が傾き加減。

とりあえず片足だけインソールを装着。

 

体のバランスを中敷きでとっていました。

 

最初履いた時は戸惑っていたものの

気がつけば、違和感なく履いていました。

 

常時履いていると、いつの間にか

当たり前のようにフィットして

僕の体を支えてくれていました。

 

職場でのシューズのクッションは

あまり良くなく体には悪そう。

 

そう思ってインソールを

導入したんですがね。

 

腰椎を骨折して、なおかつ左足側に

ダメージが残っているので体が傾いてしまう。

 

そのまま生活していたら、体が歪(いびつ)

になっていたんじゃないかと思います。

 

僕はマラソンもしたりするので

靴底のクッションの重要性は

わかっていたつもりでした。

 

しかし、日常生活でこれほどインソールが

重宝されるとは思ってもいませんでした。

 

体のバランスを崩された方は、インソール

一つで体が楽になるかもしれません。

 

ここまで行くと足底筋膜炎などや

偏平足の治療になります。

スポンサードリンク

コメントを残す