会社に都合の良い「報連相」なんかに惑わされずに上手に世間を渡っていきたい。

報連相の間違い!

running-man-1149787_1280

 

職場で良く言われるのが

上司にしっかり「報連相」をするように!

  • 報告して
  • 連絡して
  • 相談する

そんな風に言われる。

 

しかし以前から職場で強要されている

「報連相」が間違っていると言われている。

 

あなたの「ほうれんそう」は間違っている

http://ascii.jp/elem/000/000/887/887822/

 

会社が自分たちに都合の良い部分だけを

抜粋して使用していると感じる。

 

すべてを把握していないと気がすまない

チキンな上司たちが利用しているのでは

ないかと思ってしまう。

 

「報連相」の生みの親である

元山種証券社長の「山崎富治氏」

 

この人が言いたかったことは本当は円滑に

仕事ができるような風通し良くすること。

 

「ほうれんそう」つまり話ができる環境を

作ることが本質だったと見られます。

 

それを部下の報告ができていない時の

伝家の宝刀のように上司は使っています。

 

話を持っていけない雰囲気を作っている

上司が諸悪の根源ですがね。

 

単に上司は部下を支配したいだけの様に

感じるのは僕だけですかね?

  • 新人で何もわからず大変ではないか?
  • 仕事が行き詰まっていないか?
  • 問題が起きて大変ではないか?

 

などと部下を思って「報連相」を

させている人がどれだけいるか。

 

いや「報連相」をさせてもダメだと思う。

 

上司から声をかけてあげるくらいで

丁度良いと思います。

 

その上で相談に乗ってあげて必要なら

指示をしてあげる。

 

これが円滑な職場の姿だと思うのは

単なる理想主義なのですかね。

 

以前の職場は上司が良くてそのへんの

気配りのできる上司だったので良かった。

 

とても働きやすかったです。

もう少し経営者が良ければ・・・。

 

もちろん自分たちにも責任はあります。

 

なんとか労働者が働きやすい環境を

作って行きたいです。

 

いや、自分が働きたいと思う職場に

していきたい。

 

それでもダメなら独立できる力を付けます。

 

イザとなったら独りで収入を得られる様に

なってから意見が言えるようにします。

スポンサードリンク

コメントを残す