仕事や人生に疲れた人はちょっと見てもらいたい

残業で仕事がしんどかったです。

 

ちまたでブラックと言われる会社の仕事は

毎日こんなものかな?

 

そう考えると「ぞっ」とします。

 

そりゃあ年間何万人も自殺者がでても

今のこの日本では全然不思議では

ないような気がします。

 

自分の人生の中で「自殺したい!」

と思った事は何度もあります。

 

それは自分以外の人達も

あるんではないかと思っています。

 

最近では自分では「うつ」だと

思っていた頃がありました。

 

人生の目標を失っていた時です。

 

あ、今でも人生の目標は

まだまだ見つかっていませんが

 

とりあえず楽しんで生きようとは

思っていますので、これからも

よろしくお願いします。(笑)

 

「うつ」の頃は、以前から触れている通り

骨折して思うように動けない時でした。

 

その頃は何を見ても感じない。

キレイなモノを見てもキレイと思わない。

 

その時感じた事の1つに

「健全な精神は健全な肉体に宿る」

と言う事でした。

 

「体があっての心」だと感じました。

心が死にかけの時でした。

 

逆に体が動くのに落ち込んでいる人は

運動でも何でも良いので

外で体を動かすのが良いと思います。

 

自分は行きたくもない仕事に

ムリにでも行って体をうごかして

心を奮い立たせたような気がします。

 

それでも会社に行くのがイヤで

自殺を考えている人は

 

ここを読むと少しくらいは

ラクになれるかもしれません。

 

おとなの小論文教室。

あなたは『アンパンマンの歌詞』の本当の意味を知ってますか!?

 

昔からお世話になっていた

「アンパンマンの歌」にこんなに

勇気づけられるとは思いませんでした。

 

【画像】死にたくなるほど悩んだ時は両津勘吉の名言を思い出そう

 

悩んだら まず「生きる」モードに

切り替えてからスタートだ!

 

それからどう生きるかを

探せばいい!

 

昔からジャンプの愛読者だったので

この名言は知っていましたが

 

当時は若く幼かったので

今ほど心には届きませんでした。

 

アンパンマンは幼児向け

ジャンプは少年誌。

 

どちらも大人向けではないですが

大人に向けてのメッセージのように

感じてしまします。

 

まあ、何が言いたいかというと

お互いに気楽に生きましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す