不幸は突然やってくる。全身が痒くなって掻きむしらずにはいられない!(微グロ注意)

若さ故の暴走?

 

今回は完全な無責任な記事なので

そのつもりで読んでいただきたい。

 

「じんま疹」らしきモノが出現した。

体が痒い。

 

写真はちょっとグロかも。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

jinmasin

夕食を食べてから急に出てきた。

 

何かアレルギーに関与する食品でも

食べたのだと思う。

 

この写真ではあまりたいした感じには

写っていませんが結構広範囲。

 

書いたところがぶつぶつで結構キモイ。

 

確かにほんの少しだけ刺激物を食べた。

ピリ辛の「高菜」

pirikara-takana

写真のよりは赤かった。

 

他にも「ラーメン」「餃子」「焼き飯」

ra-men

gyouza

yakimesi

 

まあ実際は何が原因か分かりません。

 

しかし上記の食事は何度も食べている

組み合わせであり、今さらどうして

皮膚が痒くなったのか分かりません。

 

分かっているのは「皮膚が痒い事」

 

むかし肝臓の病気をした時は

全身が「痒かった」。

 

体の表面を掻きむしりました。(汗)

 

それ以来体が疲れたら肝臓が弱るせいか

体の調子が悪いように思う。

 

疲れが溜まっていた自覚はあります。

その時は進んで体を休ませてます。

 

もう一つ。

「花粉症デビュー」した時は大変でした。

 

鼻がもげるくらい鼻をかんで

くしゃみも連発でした。

 

そんな時はランニングをすると不思議と

くしゃみが治まったりしたモンです。

 

こちらは体力が余っているための

免疫系の暴走か?

 

さて、何が言いたいかと言うと

体のSOSを聞くのは凄く大事だという事。

 

睡眠不足、運動不足とも痛感しています。

 

体の免疫系の調整がうまくいってないと

体は自分自身を攻撃するんでしょう。

 

がんばってダメージを受けている「体」

ではなくニュートラルな体を目指します。

 

体が資本

痛感いたします。

スポンサードリンク

コメントを残す