「Windows10」の強制的なアップグレードへのやり方は、まさしくウイルスみたいでした。(笑)

巷ではやっているウィンドウズ10への

強制アップグレード。

 

自分には縁のないまま終わるかな?

と思っていました。

 

しかし、奥さんのパソコンが急に再起動。

 

パソコンが立ち上がるとウィンドウズ10の

アップグレードの画面になりました。

 

最初はいきなりだったので勝手に

「Windows10」になったのかと思いました。

 

しかし、次の画面から比較的スムーズに

アップグレードを取り消してくれるので

記事として書いていきます。

 

まずはWindows10にようこそ!

Windows10-upgread (1)

 

この画面が出た時には焦りました。

強制的にWindows10を使わなければいけない

と思わせてくれます。

 

次はOSをインストールする時に出る

お決まりの「法的文書」です。

Windows10-upgread (2)

 

勝手にグレードアップする時にも

マイクロソフトに読ませたいです。(笑)

 

もちろん無料であろうが何だろうが

「アップグレード」は行いません。

 

なので「拒否」をクリック。

 

すると「拒否」をクリックする事によって

以下のコメントが表示されます。

Windows10-upgread (3)

以前のバージョンの「Windows」が

再インストールされますが、これには時間

がかかることがあります。

 

自分たちで勝手に時間をかけて

「Windows10」無理やりインストール

しようとしたくせに!

 

どの口が言っているのでしょうか?

 

勝手に入れて時間をとって、言う事を

聞かないとまた時間とるよ!

 

なんて言うのはたちの悪い脅迫です。

明確に「拒否」ボタンを押します。

 

すると以前のバージョンに「復元」

Windows10-upgread (4)

 

しかし、まだ「Windows Update」

虎視眈々と「Windows10」にしようと

マイクロソフトが狙っています。

Windows10-upgread (5)

 

左上の「更新プログラムの確認」を押すと

また「Windows10」をダウンロードしようと

します。

Windows10-upgread (6)

 

「ダウンロードの停止」をクリックで

ダウンロードを止めます。

Windows10-upgread (7)

 

オプションの更新プログラム確認画面で

Windows10アップグレードのチェックを

外してとりあえず終わっておきます。

Windows10-upgread (8)

 

それにしても恐るべしMS。

 

こんな事をしていたらWindows離れが

加速していきそうです。

スポンサードリンク

コメントを残す