「脚のびたくん」でカジュアルこたつが仕事用に生き返りました。継ぎ脚すげえ!

新しいテーブルを購入したので

自分の部屋にコタツが回ってきました。

 

しかし、子供が使っていたコタツなので

大人の自分が使うには少し小さい。

 

いや、一人で入るのでスペース的には

良いんですがパソコンを使うので

コタツの高さがもう少し欲しい!

 

確か、コタツの高さを変えるための

商品があったはず。

 

買い物がてらにホームセンターに寄り道。

 

こたつの脚の高さを変える商品が

二種類ほど展示していました。

 

コタツの脚の形で商品が違うようです。

 

いくらか種類があるようで調べてみると

薄型の脚と厚めの脚があるようです。

asinobita (2)

asinobita (4)

 

自分の家のコタツは厚目のタイプ。

asinobita (12)

 

んで、購入したのは「脚のびたくん」。

asinobita (7)

asinobita (6)

 

消費者に購入してもらうための涙ぐましい

ネーミングへの努力がうかがえます。(笑)

 

そして、商品の中身ですが驚きました。

asinobita (8)

 

一応脚を伸ばすにも、2段階ありました。(驚)

3センチアップと6センチアップがあります。

 

継ぎ脚は、上下を入れ替えることにより

テーブルの高さが変わります。

 

6センチアップ時

asinobita (10)

 

3センチアップ時

asinobita (11)

 

正直6センチアップの方は、脚がグラグラして

使いにくいとは思いますが用途はあるかも。

 

3センチアップの方は、座布団ひいて使うには

ちょうど良いんじゃないでしょうか。

asinobita (15)

 

こたつの横に布団を引いてふとんに座っても

丁度良い高さで使えます。

 

こたつの高さをノートパソコンで

比べてみました。

 

ノートパソコンはわが愛機dynabook。

dynabook R35を購入したら、思いのほかファンの音が大きくてストレス

 

何も付けていない状態ではノートパソコンの

方が高くなりました。

asinobita (17)

 

3センチアップでノートパソコンと

ほぼ同じ高さです。

asinobita (1)

 

そして、6センチアップはノートパソコンより

高くなってしましました。

asinobita (16)

 

こんなに変わるんですね。

 

6センチアップは、文字入力をしていると

バランスが崩れて倒れそうで落ち着きません。

 

使い心地はやはり3センチアップが

一番使いやすくしっかり安定します。

 

このように便利なモノが、ホームセンター

D2ケーヨーデイツー698円(税別)

 

これで仕事がはかどりそうです。

 

 

細長い平脚用

 

四角い角脚用

スポンサードリンク

コメントを残す