泥はねによる病害から実を守るためにラップを敷いてみた。これでイチゴの実が大きくなるでしょう。

3月にイチゴが花と実を付けてきました。

ichigo-to-rappu (3)

 

3月上旬からイチゴの花は咲いていて

それにともなって「イチゴの実」も。

ichigo-to-rappu (2)

 

ちゃんとしたモノができてきました。

ichigo-to-rappu (4)

ichigo-to-rappu (1)

 

上記の写真から約一ヶ月。

たくさんの実ができてきました。

 

まだ赤く色づくまではいきませんが

少しずつ大きくなって重くなってきて

砂地の地面につきそうです。

 

土など付いたりしてあまり良くない。

 

地面と「イチゴの実」の間に何かを

はさんで実をきれいな状態にしたい。

 

以前はビニールの手提げなどで代用して

試してみましたが、ビニールの弛みの

部分に水が入ってNG。

 

水に浸かっていた「イチゴの実」

腐ってきたので止めました。

 

ホームセンターなどで園芸コーナーで

ビニールでカバーできる製品を探して

イロイロと見たのですが見つからず。

 

苗が育つ前に穴のあいたビニールカバー

はあったんですがね。

 

苗が大きくなってしまったので

そのタイプの製品は使えず。

 

なにかないか100円均一で代用できる

モノがないか探してみると・・・

・・・ありました。

 

「くるくる梱包ラップ」

ichigo-to-rappu (8)

 

長さは10cm×50mと書いてあるので

十分使える長さ。

 

プランターの中に苗を植えたのですが

枠の外に実ができるように植えました。

 

いや、植えたつもりでした。

 

しかし、内側に実がなってきたりして

イチゴの実が土と接触しそうです。

 

とりあえず苗を中心に土と接触しそうな

「イチゴの実」の下にラップを敷いてみた。

ichigo-to-rappu (5)

 

ラップの両端は洗濯ばさみで固定。

ichigo-to-rappu (6)

 

気になったところだけラップを使用して

みましたが思いの外良い感じ。

 

それほど心配していたラップの凹凸も

水がたまるほどのモノではなさそう。

ichigo-to-rappu (7)

 

洗濯バサミも100均で購入できるので

200円ほどで今回の事はできそう。

 

洗濯バサミは以前からあったので

それを使わせてもらいました。

 

これでますますイチゴができるのが

楽しみになりました。

 

今回テープを使用する作業をしていたら

「ナメクジ」を発見しました。

 

以前もナメクジにイチゴの実を

食べられて被害にあいました。

 

これからはナメクジ対策を考えないと。

 

スポンサードリンク

泥はねによる病害から実を守るためにラップを敷いてみた。これでイチゴの実が大きくなるでしょう。」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: イチゴが収穫できたのでそれまでの経過と、新たな敵にカラスが参加してきました。捕まえて焼き鳥にしてやろうか?(怒) | 人生一度!腰椎破裂骨折にも負けない!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください