鞍馬口でおいしい天ぷらを食べるなら「天ぷら鈴」が一押し!おいしさのあまりたくさん食べるとちょっと高くつくかも。

天ぷら鈴

kuramaguti-tenpurasuzu (1)

以前ラーメン屋だった跡地に

天ぷら屋さんができています。

 

以前らーめん屋だったときの記事

鞍馬口にぼ次朗が閉店してK’s NOODLE 京都鞍馬口オープン

 

お店がオープンしていたのは知っては

いましたが少し高級路線だったので

行くのにちゅうちょしていました。

 

それがいつのまにか定食ができていて

値段的に行きやすくなりました。

 

前はコースとその値段の表示しか

無かったのですが・・・。

 

鞍馬口で高級路線だけではお客さんの

足が遠退くと悟ったのかな?

 

僕自身も値段が高く二の足を踏んで

行くのをためらっていましたから。

 

しかし、お値段も手頃になったので

夕食にいってきました。

 

店内に入るとお店は落ち着いた雰囲気。

kuramaguti-tenpurasuzu (2)

 

以前のラーメン店の居抜きっぽく

カウンターなどそのまま使ってそう。

 

かなり雰囲気は良い方に変わってます。

 

厨房は予想外にシンプルで天ぷら鍋が

ひとつあるだけで料理人は一人。

 

味噌汁の鍋などはありますが

他にはあまり何も見かけません。

 

その分メニュー表は目立ちます。

kuramaguti-tenpurasuzu (11)

 

カウンターに案内されたので

出来立ての天ぷらが提供されるのを

期待してしまいます。

 

とりあえずビールから。

kuramaguti-tenpurasuzu (3)

 

定食は3人で行ったので、それぞれ

3種類の定食を注文。

  • 鈴定食  970円
  • 穴子定食  970円
  • 北山 1470円

 

北山と他の定食の値段の違いは

一品余分くらいの値段。

 

各定食の天ぷらの内訳

  • 鈴定食(えび2、魚1、野菜3)
  • 穴子定食(穴子、野菜2)
  • 北山(えび2、穴子、魚1、野菜2、かき揚げ)

 

なので安めの定食を頼んで、好きな

天ぷらを一品で頼むのも良いかも。

 

予想通り天ぷらを1品1品揚げたてが

お皿の上に提供されます。

 

穴子定食。天つゆに大根入り。

kuramaguti-tenpurasuzu (5)

kuramaguti-tenpurasuzu (6)

kuramaguti-tenpurasuzu (7)

赤だしもおいしかった。

 

個人的には穴子定食を食べて

単品で鱧の天ぷらを分けて食べました。

 

ハモ単品注文で二切れ

kuramaguti-tenpurasuzu (9)

 

鈴定食。

kuramaguti-tenpurasuzu (4)

 

食べてみた感想はできたて熱々で

さらにサクサクで、もちろん美味しかった。

 

味も量も上品。

 

年配の舌の肥えた人向きかと。

あ、若い女性もにも良いかも。

 

今回注文はしていませんが

和食なのにワインも取りそろえています。

kuramaguti-tenpurasuzu (8)

日本酒も美味しそうなので

天ぷらをつまみに食べるとおいしそう。

 

天ぷら鈴

住所

京都府京都北区 鞍馬口通室町東入る上御霊上江町232-3

営業時間 11:30〜15:00 18:00〜23:00 

定休日 火曜日

TEL 075-414-3790

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です