心霊スポットとして有名な深泥ヶ池周辺の風景は実はすっごくキレイな風景です。

秋口の「深泥が池」

midorogaike (2)

 

京都の「深泥ヶ池」と言うとイメージ

されるのが「心霊スポット」としての池。

 

あまり良いようには感じられていない。

 

確かに夜は暗く明かりもあまり無く

雰囲気としては怖いかも。

 

しかし、通りがかりであまりにも

「深泥ヶ池」と周りの風景がキレイ

だったので写真に納めてみた。

 

浮き船に乗って作業をしているのを見て

写真を撮りたくなったのが発端ですが。

midorogaike (1)

 

「深泥ヶ池」「美食家の北大路魯山人」

(きたおおじろさんじん)が愛した

「ジュンサイ」として有名なようです。

 

多分船に乗って作業している人は

きっと「ジュンサイ」の世話をしている

のかなあと思いを馳せます。

 

見晴らしの良い風景で池と山と空の

何ともいえないキレイさ。

midorogaike (3)

 

のどかな「バス停」。

midorogaike (4)

midorogaike (5)

 

「深泥ヶ池」に吸い込まれそうです。

階段が付いていたので下りてみる。

midorogaike (6)

 

池に草が浮いているだけかもしれないので

恐る恐る足を下ろしてみる。

 

いちおう大丈夫みたいですが所々に

しみ出している「水」がキラキラ光って

沢山の反射光が見えます。

midorogaike (7)

 

たぶん前に進むと足がはまりそうなので

奥に進むのは止めときました。

 

このブログを見ている人にも

オススメする事はできません。

 

見た目はきれいなんですがね。

 

しかしこの大きな池が

「雨水のみ」でできている事に驚き。

 

まあ確かに池ですからね。

川とは違います。

 

近くに病院があり昔は「精神病院」があり

そこから抜け出た患者が幽霊と間違われた

なんて言われたりしていたみたい。

 

今はキレイな看板の病院があります。

midorogaike (8)

midorogaike (9)

 

すぐ近くに病院前のバス停があります。

midorogaike (10)

 

深泥ヶ池の奥の方は歩いたりできるみたい。

今度歩いてみようかな。

 

深泥ヶ池

住所

京都府京都市北区上賀茂深泥池町

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です