出町座は小さい小屋で、ローカルながらも面白い映画を上映してる。カフェと本屋が一体になった古くて新しい映画館。

映画を見に行ってきました。

 

search サーチ

http://www.search-movie.jp/

dematiza (12)

面白かったです。

映画のレビューはまた別記事で。

Search(サーチ)は冴えない父親の娘への溢れるほどの愛情が詰まっている映画。視聴した父はパソコン技術と主演の父親に感心し、娘は父の愛情とどんでん返しの内容に感動する。

 

こんな面白い映画が日本では数県しか

上映していなかった。

 

秋田、長野、宮崎、京都。

 

その京都で唯一上映していたのが

今回紹介する出町座

dematiza (14)

 

写真はオープン当時

dematiza (11)

 

ちなみに観に行った映画の上映時間は

なんと、夜の9時から。

 

平日だったので、仕事が終わってから

夕食を食べて行く余裕があった。

 

子供と一緒に行ったのですが余裕で到着。

 

建物に入ると目の前に映画の受付で

カフェと同じフロアにあります。

 

映画を観る人は受付の人に

映画チケットの購入を促されます。

 

看板にも促されます。(笑)

dematiza (6)

 

映画チケット券売機、食券券売機と

それぞれ別に機械がある。

dematiza (7)

 

ちなみに食券で購入した品物は

ご飯モノ以外は映画に持ち込みOK。

dematiza (8)

もちろん、外からの持ち込みはNG。

 

カフェは書店と融合していて

映画を待つ間に本を物色する事が出来る。

dematiza (2)

今回は映画を見に来たので

受付にてチケットを購入。

 

手作りの座席表で座るところを決める。

座席番号は手書き。

dematiza (9)

古くて新しい感覚がうれしい。

 

開演時間までは、まだ時間があったので

書店の本を物色。

dematiza (4)

やはり、映画にちなんだ本が多い。

 

出町座文庫

dematiza (5)

「ご自由にごらんください」と書いてる。

 

いろんな本を見ていたので、

あっという間に開映時間。

 

上映場所は2階の部屋と呼んでも

差し支えない程の広さ。

 

座席が6列しかない。

座席数は全部で48席。

 

予約の時に、座席表を見て少ないとは

思っていたが上映部屋自体も広くない。

 

そのため、スクリーンに近く観やすい。

 

地下の上映場所は42席なので

もっと狭いかもしれない。

 

案内の方からの注意事項の説明が終わると

まもなく上映が始まった。

 

普通の映画館で観る時の宣伝が、ほとんど

なかったので本編へすぐに入り込んだ。

 

映画は、メッチャ面白かった。

運営している人は映画好きなんだろう。

 

上映する映画を厳選してる気がする。

歴史ある古い商店街の出町商店街。

demachimasugatasyoutengai-furuhonya-7

その中にあって、昭和に帰ったかのような

映画館があるのはうれしい。

 

出町座では、味のある商店街とともに

味のある映画も見れそう。

 

出町座

住所:京都府京都市上京区三芳町133

営業時間:10:00台〜23:00台(日によって変動)

定休日:なし

TEL:075-203-9862

HP:https://demachiza.com/

スポンサードリンク

1 thought on “出町座は小さい小屋で、ローカルながらも面白い映画を上映してる。カフェと本屋が一体になった古くて新しい映画館。

  1. ピンバック: Search(サーチ)は冴えない父親の娘への溢れるほどの愛情が詰まっている映画。視聴した父はパソコン技術と主演の父親に感心し、娘は父の愛情とどんでん返しの内容に感動する。 | 人生一度

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください