京都水族館は梅小路公園内にある京都を代表する楽しい観光地。時々鴨川の上流から流れてくる京都の風物詩のオオサンショウウオにも会えます。

京都水族館

kyotosuizokukan (2)

 

以前に設立してすぐに行った事があって

人が多いのとイルカショーのしょぼさに

がっかりして帰った事がありました。

 

設立後すぐだったので今思えばしょうがない

かな~とも、この程度か?とも思います。

 

しかし、今回来館してその考えが変化。

すばらしい場所だと考えを改めました。

 

キレイな広場からの京都水族館。

kyotosuizokukan (1)

 

京都水族館入り口。

kyotosuizokukan (3)

たくさんのイベントが用意されています。

 

チケット売り場。

kyotosuizokukan (4)

 

振り向けばプールの中が見えます。

 

その中にイルカが泳いでいるのが見える。

楽しそうに泳いでいます。

kyotosuizokukan (5)

 

入場券を渡して中に入ると幻想的な風景。

オオサンショウウオエリアです。

kyotosuizokukan (6)

 

京都鴨川に生息するオオサンショウウオ。

kyotosuizokukan (7)

在来種と交雑種が混在しています。

 

在来種

kyotosuizokukan (12)

 

別水槽

kyotosuizokukan (15)

 

交雑種

kyotosuizokukan (17)

 

めずらしい足の裏の写真。

kyotosuizokukan (16)

 

「ホタルの夜」が開催されています。

 

6月3日~7月9日までの期間は営業時間が

10時~20時に延長されてます。

 

ホタルは「げんじぼたる」

kyotosuizokukan (24)

 

ホタルについてのうんちく。

kyotosuizokukan (25)

 

なるほど、蛍は田んぼではこんな感じで

生息しているんですね。

kyotosuizokukan (29)

kyotosuizokukan (28)

 

なかなかおもしろいので年間パスポートの

購入を考えてしまいます。

kyotosuizokukan (31)

 

大きな水槽ではこれまた大きな魚を

観賞できます。

kyotosuizokukan (34)

 

外の光を浴びた魚達がキレイ。

kyotosuizokukan (41)

kyotosuizokukan (44)

 

オットセイのフロア

kyotosuizokukan (46)

 

見学や休憩を兼ねたベンチ。

kyotosuizokukan (47)

 

変わった形の動物パンを販売しています。

kyotosuizokukan (48)

 

水槽の内側に入れて普段とは違う

オットセイの生態を観察する事ができる。

kyotosuizokukan (50)

 

ナマケモノの様なオットセイの赤ちゃん。

kyotosuizokukan (53)

 

こちらはゾウアザラシ

kyotosuizokukan (66)

細い筒のような水槽に顔を出してくれます。

 

インストラクターの指示にしたがって

筒側に来てくれました。

 

キレイなインストラクターの

おねーさん達。

kyotosuizokukan (71)

 

こちらでアザラシ達は休むのかな?

kyotosuizokukan (72)

 

珍しい場面。お乳を飲んでるオットセイ。

kyotosuizokukan (73)

 

オットセイなのに魚の好き嫌いがあるのは

カルチャーショック。

kyotosuizokukan (78)

 

イルカスタジアム

kyotosuizokukan (79)

 

前3列は濡れてます。

kyotosuizokukan (80)

 

スタッフの人に笛を渡されました。

kyotosuizokukan (81)

この笛をならすために結構苦労した。(汗)

 

泳ぎ始めたイルカたち。

kyotosuizokukan (83)

 

イルカもそうですが、手前のスタッフの人

の躍動感が凄い!

kyotosuizokukan (84)

 

飛んでる飛んでる。

kyotosuizokukan (88)

 

水の勢いにも負けずイルカに乗ってる

インストラクターのおねーさん。

kyotosuizokukan (94)

 

イルカの鳴き声も聞けたりします。

kyotosuizokukan (90)

 

見事なイルカの曲芸でした。

 

kyotosuizokukan (89)

 

京の海でエサやりタイム

kyotosuizokukan (111)

 

それにしても光が上から入り込んで

ものすごく神秘的な画像。

kyotosuizokukan (113)

 

ダイバーの人が必死でエサやりしてます。

こう並ぶとエイの大きさが分かる。

kyotosuizokukan (114)

 

ペンギンたちのエサやりタイム。

kyotosuizokukan (121)

 

下から見上げた風景。

kyotosuizokukan (117)

 

スタッフの人がエサをあげていましたが

1羽ずつペンギン達の名前を呼んでから

エサやりしていました。

kyotosuizokukan (124)

 

ペンギンの名前は京都の道の名前に

ちなんで付けているそう。

 

それにしてもこれだけの数のペンギンを

名前で呼ぶなんて凄い!

 

記憶力に自身のない当方からすると

尊敬に値します。

 

この辺のエリアはキレイな水槽。

kyotosuizokukan (129)

 

タコも良い味出しています。

kyotosuizokukan (133)

 

クラゲエリアはメッチャ神秘的でした。

kyotosuizokukan (147)

kyotosuizokukan (149)

kyotosuizokukan (151)

 

オオサンショウウオ?

kyotosuizokukan (160)

 

ぬいぐるみが良い味だしてます。(笑)

kyotosuizokukan (161)

メチャメチャかわいい。

 

ガチャガチャも楽しそう。

kyotosuizokukan (173)

 

身近でこんなショーを見られるのは

すごく得点が高いです。

kyotosuizokukan (163)

 

敷地内にはのどかな風景が見られます。

kyotosuizokukan (176)

とても癒しの空間でした。

 

年パス買って行く人の気持ちが

ものすごく分かります。

 

雨が降っても楽しめる施設でもあります。

 

ぜひぜひデートでも子連れでも遊びに

行って楽しんで下さい。

 

京都水族館

住所

京都府京都市下京区観喜寺町35−1

営業時間 通常 10時~18時

2017年6月3日(土)~7月9日(日)

「ほたるの夜」 10時~20時

 

休館日 無し(年中無休)

入場料

  • 大人 2050円
  • 大学・高校生 1550円
  • 中・小学生 1000円
  • 幼児(3才以上) 600円

TEL 075-354-3130

HP http://www.kyoto-aquarium.com/

スポンサードリンク

コメントを残す