京都の北部山間地域をドライブしてきたのでレビューしてみる(前編)。(螢谷キャンプ場から雲ヶ畑林業総合センター奥まで行って戻って雲ヶ畑小中学校まで)

ネットで面白いHPを見つけた。

 

北区・歩くマップ

http://www2.city.kyoto.lg.jp/kita/map/map_north.html

kumogahara-oomori (62)

昔のホームページだが観光用に見るなら

Googleマップよりも見やすい。

 

先日行った蛍谷キャンプ場についても

表記されている。

蛍谷キャンプ場に行くまでの道のりがカオス。倒木だらけで橋も流されていた。(2019年4月24日現在、申込もできず。)

 

上記のホームページを参考に気になる

地域に行ってみる。

 

とりあえずの目標は大森キャンプ場。

蛍谷キャンプ場からひたすら北上する。

 

まずは雲ヶ畑林業総合センターを目標に

車で走ってみる。

kumogahataringyousougousenta- (1)

 

相変わらず周辺の景色は倒木だらけ。

依然と変わらない風景なので写真はなし。

 

雲ヶ畑林業総合センターに行くためには

雲ヶ畑のバス停を右折なのだが道が細い。

 

出合橋前

kumogahara-oomori (14)

 

道が合っているか不安になるが

看板も出ているので間違いないだろう。

kumogahara-oomori (15)

 

少し走ると衝撃の光景。

なんと電柱が折れている!

kumogahara-oomori (3)

 

しかも根元から。

kumogahara-oomori (2)

倒木の風景に慣れてきた自分にとっても

この風景は衝撃的。

 

だって、倒木は放っておいても、すぐには

住民の生活に影響がある訳ではない。

 

しかし、電柱は別。

 

電話線やら電気の線など生活に影響のある

ケーブルなどが繋がっている。

 

住民の生活は大丈夫なんだろうか?

 

この道の先にあるであろう

雲ヶ畑林業総合センターは営業してる?

 

しかも、災害で倒れたとしても

日にち的には結構経過している。

 

去年の話ですしね。

 

いまだ、復旧には時間がかかるよう。

不安を抱えながら先に進む。

 

雲ヶ畑林業総合センター到着。

kumogahataringyousougousenta- (2)

 

山の中に急に開けた場所にでてきて

立派なキレイな建物に出会えた。

 

雲ヶ畑林業総合センターで楽しい時間を

過ごせたので別記事で書きます。

雲ヶ畑林業総合センターに行ってきてお茶してきました。山奥ですが京都府立植物園から車で30分くらいの場所にある秘境。(笑)静かに森林浴をして過ごしたい人には持ってこい。

 

雲ヶ畑林業総合センターから、

さらに奥に行くとダムがあります。

kumogahara-oomori (8)

広い地域なのでバーベキューなど利用する

地元民もいるようですが注意喚起の看板

が立てられています。

 

周辺にはトイレもないですし。

kumogahara-oomori (4)

 

出合橋前まで引き返してきました。

 

組合センター

kumogahara-oomori (10)

 

トイレと言えば雲ヶ畑のバス停のある

交差路手前に組合センターがあり

そこに公共のトイレがあります。

kumogahara-oomori (12)

 

自然の山の中にあるトイレなので

水の流れないエコバイオトイレ。

kumogahara-oomori (13)

水が汚れないように配慮されている。

 

雲ヶ畑バス停に停まるバスはもくもく号。

1日2便しかない。

kumogahara-oomori (16)

 

交差路にある看板。

kumogahara-oomori (17)

オオサンショウウオの絵がある。

 

最初に紹介したHPでも紹介されていたが

雨が降ると道路に出てくる事もあるそう。

http://www2.city.kyoto.lg.jp/kita/map/spot_north.html#sansyouuo

kumogahara-oomori (63)

川をのぞけば出会えるか?楽しみ。

 

この交差路にある橋の名前は出合橋。

kumogahara-oomori (19)

いろんな場所への距離と徒歩時間が

表記されている。

kumogahara-oomori (20)

 

出合橋下の川の写真。

kumogahara-oomori (21)

組合センター前の橋から撮影。

川の水はメチャメチャキレイ。

 

これならオオサンショウウオがいても

全然不思議ではないほど。

 

さすが賀茂川の水源地。

 

先へ進むと雲ヶ畑小中学校があります。

kumogahara-oomori (22)

現在は休校してるとのこと。

(雲ヶ畑林業総合センターおばちゃん情報)

http://cms.edu.city.kyoto.jp/weblog/index.php?id=100502&type=2&date=20120331&category_id=2933

 

昔に学校の様子がNHKでも放送された。

http://cms.edu.city.kyoto.jp/weblog/index.php?id=100502&type=1&column_id=147335&category_id=2573&date=20120331

 

学校のすぐ隣では遊んでいた子供がいた。

 

目の前に広いグラウンドがあるのに

狭い道路で遊んでいたのが切なかった。

kumogahara-oomori (29)

kumogahara-oomori (32)

 

一輪車が見えます。

kumogahara-oomori (30)

kumogahara-oomori (31)

使ってるのかな?

 

移動図書館がきます。

kumogahara-oomori (28)

 

学校前の道をさらに奥に進んだので次回

後編へ続く。

京都の北部山間地域をドライブしてきたのでレビューしてみる(後編)。(厳島神社から志明院経由で大森リゾートキャンプ場まで)

スポンサードリンク

2 thoughts on “京都の北部山間地域をドライブしてきたのでレビューしてみる(前編)。(螢谷キャンプ場から雲ヶ畑林業総合センター奥まで行って戻って雲ヶ畑小中学校まで)

  1. ピンバック: 雲ヶ畑林業総合センターに行ってきてお茶してきました。山奥ですが京都府立植物園から車で30分くらいの場所にある秘境。(笑)静かに森林浴をして過ごしたい人には持ってこい。 | 人生一

  2. ピンバック: 京見峠を目指してママチャリでサイクリング。というかほとんどハイキングでした。(笑)一昔前の京都をイメージしながら森林浴も楽しめる。 | 人生一度!腰椎破裂骨折にも負けない!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください